娯楽

2017年11月29日 (水)

素敵なお仲間♪

大学の同窓会や部活の同期会は別の場所でしたが、合間に母校へ行きました。

046配置も変り、校舎も建て替えられていますが昔からある並木は変りません。

045_3部活の帰りに待ち合わせをしたり、語らいをした林も少しだけ残っていました。

人はたった50年でかなり歳をとってしまうけれど、木々の寿命は人より長い。

047_2

048_4練習風景は昔とあまり変わっていません…練習しているのは孫の年齢の学生達。

長い長い時間が経ちました…残りの人生はもう長くはないと思わざるを得ません。

それでも当時の仲間達と会えば直ぐに青春時代に戻り、実に楽し過ぎるのです!

皆が其々にとても素敵に歳を重ねて優しく明るく、丸く(身体も!)なっていました。

お話は尽きず泊る必要が無いにも係わらず3人がホテルに1泊してくれました♪

「あと3日でも話続けていられるわ♪」確かに、ホントにそうなのです!

当時は若さ故にギクシャクすることもあったけれど仲良し過ぎる仲間♪

この人生で出会えて良かった昔の仲間達…でも今のお仲間も素敵です。

一人暮らしで海外やお茶やジムやブリッジやバレエや仕事での出会い。

一人の生活で辛いこともあったけれど、何とかここまで生きて来られた。

この先は周りの方達と自分自身を大切にしながら悔い無く生きたい。

そんなことをしみじみ思った帰省でした…次は何時、帰りましょう?happy01

2017年11月28日 (火)

最高の時間♪

大親友の癌もほぼ安心のレベルになり、ゆっくりとした時間を過ごしてきました♪

以前よりかなり痩せたせいか、背の高い彼女は益々、モデル体型になりました。008

019食は細くなったようですが元気そのもので、きれいで、とても嬉しかった~!

両親のお墓参りを済ませた2日目は、2人だけでのんびりと過ごしました♪

018
友人宅の近所のお寺巡りをしたり、カフェ巡りをしたり、お家でお喋りやら何やら…

何をするでもなく、ただ側にいて其々に本を読んだり、パズルを解いたりの時間♪

020021心の深い深い場所の何かがゆっくり解れてゆくようで心地良い時間でした♪

自宅に居るよりぐっすり眠れて、しかも寝坊続きの2日間にちょっとびっくり!

此の頃、自宅で寝坊することも全く無いので自分でもいささか驚いたのです。

一人の生活ってそんなに緊張しているものなのかしら?

でも、こんな風に過ごせる場所があれば大丈夫よね♪

母亡き後の「帰省」はいつも大親友夫妻の家なのです。

049昨日の新幹線から久しぶりに富士山を観ました♪

これからも帰省しますからどうかよろしくね!!happy01

(食関係はご飯ブログでアップします♪)

2017年10月26日 (木)

力尽きてツールーズ

開炉の準備に追われ、ブリッジの勉強は追いつけず…もう10月も終ります。

帰国して1カ月以上も経つと記憶もあやふやで旅の記録も力が尽きた感じcoldsweats01

088旅の拠点となったツールーズも魅力的な街です♪085086087以前にも来ているので今回はミディ運河添いをぶらぶらしたり…096お天気の良い日はガロンヌ川を眺めながらお喋りしたり…091日中だけ立つ市場を冷やかしたり…089090大好きなつぶれ桃は無かったけれど林檎も桃もとても美味しかった!092美味しいレストランもツールーズにはたくさんありました♪095_2すみれのアイスクリームはこの辺りだけで頂けるらしい?094見かけはポーランドと似ていて、ソースは全く違うチキンのマスタードクリームdelicious140お野菜のサラダもドレッシングがちょっと違って別の美味しさ!142ブルーベリーのタルトも美味しかったぁ!smile141ソースが美味しいと同じチキン料理も全く厭きません♪173_2フランスでは絵を描くように盛りつけるのね!lovely

                           ♪

旅記録は終了しますが、残っている食の写真はご飯ブログでアップします。

今回、ルルドへ行ったことで海外旅行熱は終結したような気がしています。

体力的にも12時間前後のエコノミー席にいつまで耐えられるか疑問です。

予定の飛行機に乗り遅れ、その後の対処に能力の限界を感じた旅でした。

不本意な高級ホテルに宿泊せざるを得ず直行便で帰国できませんでした。

色々なことがあるのが旅ですが今回、それを楽しめなくなったと感じました。

何事にも終りはあります…次の旅の計画は当分の間、ありません。

2017年10月22日 (日)

バルセロナ旧市街

カタルーニャ音楽堂から旧市街を少し歩くとカテドラルがあります。

261いつも入口から多くの人で溢れかえっていますが御ミサに出ました。

262大聖堂らしく地下小聖堂や数々の美術品の展示等、観るべき個所は多いのです。

263_2

時間がかかり、かなり疲れてしまうのですが中庭の家鴨の家族に癒されます♪

大聖堂周辺の小路はやはり少し混雑しています。

264でも少し離れると静かな小道が続きます。250_2古い建物と建物の間は車も通れないくらい狭い…ぶらぶら歩きに最適!

279280281ちょっと広い道に出て佇んでいると話しかけられます♪

「マダム♪どちらから?」「おぉ~!日本?大好きよ♪」

282ピカソ美術館の辺りに来ると人は多くなります。

284285友人達がフラメンコショーを観に行ったレストラン(creaはパス)。

283旧市街にはちょっと荒れた地区もあり、後で友人達から注意されました。

286_2

一人歩きが楽しいバルセロナ♪治安は良い気がしました。

290お肉屋さんの前で「ご主人を待っているワン!」

サンタ・マリア・デル・マル教会はとても美しいshine

287288_2289人もほとんどいないのでゆっくりお祈りすることができます。

265大通りはやはり人が多いです…特に海岸通り♪また近々来たいな!

291

2017年10月21日 (土)

バルセロナが好き♪

PCが不調で更新ができませんでした…買い替えは来月以降になります。

しかも自分のための旅行記録なので…実はかなり支離滅裂なのですcoldsweats01

スペイン語もできないのにバルセロナに住みたいと本気で思っているこの頃。

市内はバスと地下鉄でとても便利だし、人は親切、物価は安くて、美味しい!

気候は温暖ですしねぇ!こんなに寒くなるとバルセロナが恋しくてなりません。

ランブラス通りの海側入口に建つコロンブスの塔downwardright

292_3ランブラス通りはテロ事件の後も人々で溢れていました。

機関銃を持つ兵士や警官の姿もあちこちで見られました。

293_3

でもこの街はリゾート地の要素が満載で、歩いていて実に楽しいnote

299_4

世界中から人々が訪れる理由はホントによく解ります!

268今回は観ませんでしたがバルサの本拠地だしねぇ!

住んでいたらメッシやスアレスが観られるのにねぇ!

296_2
お洒落なお店も目白押し!美味しいお店も至る所にありますよん!

298
旧市街のアイスクリーム屋さんdownwardright

297_4旧市街は車も通り抜けできない細い路地が続いてとても楽しいのです♪

お天気が悪い日もありましたが、雨は概ね直ぐに止むので大丈夫です!

(もう写真が入りません…PCは不調ですが何とかなりそうかな?)

カテドラル近辺downwardright

260

2017年10月13日 (金)

アンドラ・ラ・ベリャでお買い物

友人夫妻がアンドラ公国へ行くとのことで便乗しました♪238最初、「熱海に似ている」と思ったのは気のせいでしょうか?

迫る山ギリギリに建つビルやマンションって熱海そのもの!

236

かなり遅い時間も賑い、それなりの歓楽街もあります。

安全な国で、夜一人で歩いても全く平気な感じです♪

239
旧市街入口に建つ教会の塔は古く、ロマネスク様式で美しい!shine

(手前部分は新しく建て変えられたそうです)

240新市街は賑やかでしたが旧市街は落ち着いた雰囲気♪

241このカフェupwardright でランチをしました♪

アンドラへ行った目的は買い物downwardright

001_2002

自分用のバルサミコやトリュフオイルupwardright、お菓子やスープ等のインスタント食品etc。

既にお渡ししたバルセロナ名物無花果チョコは非常にお安くてお得感満載でした!

上の写真の一番上は「フィデウア」の素?…パスタのパエリャが簡単に作れます。

182_4

バルセロナで度々頂いたフィデウアupwardright…こんな風に作れるかな?

他にもバルセロナ風のパエリャの素を色々買い込んできました。

アンドラ・ラ・ベリャのIllaとPyrenesは楽しい観光?でしたよんnote

(イラとピレネーはデパートのように大きくて楽しいスーパーマーケットです)

2017年10月12日 (木)

モンセラット修道院

タウル村へは友人夫妻の車に同乗しましたが、モンセラットは一人で行きました。

バルセロナのホテルはEspanyaとTarragonaの中間地点、実に便利な場所でした。

昔は不便に感じたモンセラットが今回はEspanyaから簡単に行けて、驚きました。

(乗り継ぎも良く、列車を降りた後の手段もこの駅で最初に選ぶことができます)

242_2懐かしいモンセラットの山は非常に特徴的でガウディ建築に似ています。

遠くから見るとまさに「のこぎり」のような形の岩山が異様で実に印象的。

ガウディがこの山からインスピレーションを受けたことはとても頷けます。

243_2

あまりに便利になり過ぎて人の多さにビックり…同時にガッカリ!

ルルドも同様ですが巡礼地というより観光地になっていましたthink

244245
午後1時の少年合唱団の聖歌に間に合い、幸福な時間になりました。

ただ黒いマリア様への行列にも並ばず礼拝堂へも行きませんでした。

お土産も買わず、屋台で蜂蜜がけチーズを食べただけで帰りました。

少し疲れが出たのかもしれません…夜のサッカー観戦キャンセルthink

年齢を感じた日となりましたが夜の美味しい食事で回復しました!happy01

2017年10月 9日 (月)

タウル村

ボイ渓谷の9件の教会群は世界遺産に指定されています。

カタルーニャ風ロマネスク様式は質素で光が少ない建築。

タウル村の聖クレメント教会downwardright 村の入口に建っています。

219220静かな村で人が一人も歩いていない…平和な空気が満ちていました。

221222聖マリア教会までは緩やかな登り坂…周囲は山岳地帯で素晴らしい景色♪

233234心惹かれる小道の奥は牛や羊の小屋があるのかな?

228この村は小さいけれどペンションのような宿泊施設がたくさんあります。229_2

225_2

この辺りは何処でもカタルーニャの国旗downwardrightが掲げられていました。

224

225_3聖マリア教会まで来るとようやくドイツ人観光客に遭遇♪223_2

226_4今も御ミサが挙げられている教会内部は静溢な空気ですshine

祭壇は有名なフレスコ画で飾られていますがレプリカです。

入口には華やかな飾りdownwardright

227_3
村歩きで疲れたので教会前のカフェレストランへ…夜はバーになるのかな?

231_2マダムは日本贔屓で実にフレンドリー♪

232_2このカフェの犬も実にフレンドリー♪ でもカメラは大嫌い!235_2村の入口で会ったジャーマンシェパードはカメラ大好き!

ちゃんとポーズをとりカメラ目線なので飼い主と大笑い♪

カタルーニャの小さな村は平和な空気に満ちていました。

独立問題はどうなるのかな?難しいと思いますけれど…think

2017年10月 8日 (日)

レコンキスタの時代

ピレネー山脈をスペイン側に入ると快晴が続きました。187188この不思議な岩山が見えるとアインサの街に着きます♪216城壁に囲まれたアインサの旧市街はとても魅力的なのです!

城壁から見る旧市街と教会の塔downwardright

217218こんなに小さな街なので半日もあればたっぷり観光できます♪214この門から入る旧市街upwardright 直ぐに広場があり街の中心部です。202205アーケードの中はレストランやお土産物屋さん♪190このホテルは素敵だけれど泊れませんでした。192まるで「街歩き」のためにあるような楽しい路地ばかりですnotes

193_3

198この門upwardrightの外に出るとアインサの新市街や山々が見渡せます。189

200_3
旧市街は実に魅力的!だってこんな人がdownwardleft このお祖母さんは人形なの!

199
この街はレコンキスタの時代から時が止まっているみたい♪

203どの路地を歩いても物語が詰っています♪

194_2
この窓の一つ一つに多くの喜びと悲しみと勇気と裏切りがありました。

街歩きに疲れて広場に戻ったらdownwardright ものすごい勢いでやってくる仔が!

201_2「何?なに?何なの?」  ”ふん!ただ急いでいるだけだニャァ!”

204_3”あいつはまだ若いからニャァ♪ 訳も解らず急いでるんだニャァ”

191_2
”彼ったら…いつも急に飛び出して行っちゃうthink 寂しいニャ~weep

時代を作るのはいつも情熱的に生き急ぐ若者達でした。

アインサで出会った猫たちのことではありませんが…wink

2017年10月 6日 (金)

スペイン橋の犬

フランス側ピレネー山中にいた3日間はお天気があまり良くなかったのです。166174でも山のお天気は目まぐるしく変るので晴れ間を縫ってハイキング♪

雨になりそうだったのでリフトを使いましたが歩いても良かったなぁ!

176晴れていれば素晴らしい景色が見られたはずのコーブ湖は何も見えずbearing

でも渓流に添って歩くスペイン橋までは何とか雨に降られませんでした♪

175
「この橋を渡れば間もなくスペイン!」フランスがそう命名したスペイン橋♪

179この脇にある滝は凄い水量で迫力がありました!

177_2180

181_3脇のレストランには老犬がいて、合羽を来て出迎えてくれました。

もうそんなには長くは無い…犬はぎりぎりまで歩くものなのです。

眼も見えないし、耳も聴こえない…それでも尻尾を振り出迎える。

実家で19年を生きた忠実な樺太犬を思い出しました。

旅では実に多くのことを思い出し、考えさせられます。

若い時も、老年期にも、旅をするのは良いことです♪

より以前の記事一覧