娯楽

2018年6月30日 (土)

ザグレブ②

ザグレブの続きを直ぐに書くつもりだったのにあれれ~!coldsweats01

ワールドカップが始まってしまうとTV三昧になり寝不足続き。

昨夜は10時前に寝て、今朝は目が覚めたら7時過ぎでした。

ポーランド戦には賛否が渦巻いていますが個人的にはOK!

コロンビアが勝つかもしれないあの段階で老獪な戦術でした。

諸条件が合致しての監督の決断は見事であったと思います。

本意ではなくても「グループリーグ突破」が最大の目的でした。

恥じることもないし次に向けて全力で戦ってほしいと思います。

                     ♪

アルゼンチン、ブラジル、コロンビアの突破はうれしかった!

チリやイタリアが出ないW杯…ドイツの敗退もショックでした。

どの試合も魂の戦いをしていて毎回ながら胸を打たれます。

コロンビア戦の勝利は今W杯の最大の番狂わせと思います。

正直なところベルギー戦にも勝つ気がしない…でも何が起こるか分からないW杯!

一切の予定を排除して体調を整え、全・全力で応援します!

                      ♪

326ザグレブの中心はイェラチッチ像upwardrightの立つ共和国広場。

比較的こじんまりとした懐かしい気持ちになる街でした。

199209213聖マルコ教会の前まで来ると誰もいない…静かな街を散策しました。

212
懐かしく感じるのはこの外灯なのかな?世界で最も古いとか?

221市電に乗り飽きると丘の上に登り、一休み…平和になって良かった!

316317路地の階段を下りていくと…

315破壊されたままの家もありました。

301まだまだ復興は続きます…懐かしく思えるのは昭和30年代の日本を思わせるから?

287市電は乗りやすくてとても便利!次に来たら案内人ができるかも?

320丸っと2日間をのんびり過ごしたザグレブの街♪

人が実に親切で優しく、住んでみたくなりました。

319
こんな屋根裏のあるお家も良いね!happy01

2018年6月17日 (日)

ザクレブ①

昨日は夕方フランスVSオーストラリア、夜はアルゼンチンVSアイスランド。

ワールドカップは国の威信をかけて戦うので何が起こるか分かりません。

共に目が離せない展開…アルゼンチンが初出場のアイスランドに引分け。

メッシがW杯ではバルセロナにいる時のように輝けないのは何故でしょう?

アイスランドが「魂のディフェンス」で真摯に戦っていて胸を打たれました。

閑話休題…記録ももう直ぐ終了します。

                         ♪

今回は最初から最後まで大手旅行会社のツァー参加でとても楽でした。

ツァー参加は途中から離れることが多かったけれど、昨年で懲りました。

日本で手配した飛行機に乗り遅れ、空港でのチケット手配に大わらわ!

混む時期だったこともあり最終的にオランダで2泊することになりました。

それでもプレエコやビジネスで帰国するよりはかなり安かったのですが…

今回は途中の2日間をツァーから離れ、のんびりザグレブで過ごしました。

201この聖母被昇天教会の御ミサに出ることも旅の目的の一つでした。

323聖体拝領は祭壇前と後方にも神父様がおいでになります。

ミサ中の讃美歌はプロのオペラ歌手によるもののようです。

203被昇天教会前の広場にはマリア様の像shine教会の鐘の音も忘れがたい美しさshine

307「石の門」は1731年以来、マリア様の礼拝堂として信仰の場となりました。

308309211人が行き交う小さな場所ですが熱心に祈りをささげる方々が絶えません。

306石の門の手前の像も観光スポット…傍にいる方々に聞いたけれどよく分からないcoldsweats01

やはりガイドさんと一緒に回るべきだったかな?でものんびり&自由が何より好き!

御ミサの跡にはドラツ市場でのんびりタイム…ツァーの中ではなかなかできません。

290289294298花好きの友人は育て方などを聞いていましたが片言英語はなかなか通じません。

291293295296アスパラを細く長くしたようなお野菜upwardright

297いろいろな方と片言でお喋りをした市場での時間は本当に楽しかった!

トマトとパン、コーヒーをテイクアウトして公園でランチを済ませましたdelicious

2018年6月16日 (土)

竜の橋

昨夜、ウルグアイ戦を見た後、仮眠をとり3時前には起床しました。

寝ぼけ眼はポルトガルVSスペインの始まりからすっかり覚醒!eye

何たる速さ、上手さ、的確なパス&個人技の超絶職人技でしょう!

眠気は吹っ飛びTVにくぎ付け…ハーフタイムは友人達からライン。

はぁ~面白かった!その後はクタクタでベットへGOバタンキューsleepy

W杯を存分に楽しめるのも退職したからこそ!目的の一つでした。

閑話休題…旅記録を続けます。

                          ♪

クロアチアからスロベニアに入ると豊かさが感じられます。

早い段階で独立を果たし、紛争の疲弊が無かったのです。

259
ブレッド湖と共に行ってみたかった首都リュブリアーナの「竜の橋」

子供時代からドラゴンが好きで絵本でこの橋を見ていたのでした。

264リュブニツア川に架かる橋の両側は屋台も出て観光客で溢れていました。

267緑の多い旧ユーゴスラビア圏は蜂蜜が名物で美味しい!

266ビールフェスかと思ったらバーガーフェスですって!

268ケーブルで昇るリュブリアーナ城には行きませんでした。

2703本橋近くのプレシェーレフ広場も人で溢れてます。

272広場の中心に立つ詩人プレシェーレン像upwardright

2693本橋の辺りはいかにも中欧らしい建物群です。

274279静かな路地をぶらぶら♪

278フランシスコ会教会で祈りました。

275276277
もう2度とあのような紛争が起こりませんように!

2018年6月14日 (木)

アドリア海の真珠②

真珠は喪服に点ける唯一のアクセサリー…黒の喪服に真珠は美しいshine

お天気に恵まれたドブロヴニクの一日は悲しい気分が付き纏いました。

ピレ門から入ってプラツァ通りを10分歩き、スポンザ宮殿を抜けると海。

093
城壁に上ったのはドミニコ会修道院脇の階段からでした。

106108城壁の真下は普通のお家の庭や破壊されたままの建物がありました。

114お庭や空き地には多くの猫が集まり、過去に岩合さんも撮っておられたようです。
113こんな仔がたくさんいて和みましたconfident

073120城壁内の旧市街は一日でくまなく歩けそうな広さですが階段が多い。

118昇ったり降りたり…昔は無かったスルリ山へのロープウエーが遠く見えました。
132
中心部は平坦で大聖堂の辺りは観光客で一杯でした。

128125鼻に触るとまた来られるのですって!鼻がピカピカhappy01

080075路地に入ると誰もいなくてぶらぶら歩きに最高です。077大聖堂や聖ブラホ教会で長い間、お祈りをしました。

090091129

119可愛いカフェもたくさんありました。

127123お花屋さんで昔のことを少し尋ねたけれど何も分かりませんでした。

昔、聞いていた場所は音楽とバレエを教える学校になっていました。

想い出の中の彼女は今も17歳でとても美しい…アドリア海の真珠shine

2018年6月12日 (火)

アドリア海の真珠①

069もちろんドブロヴニクはクロアチアに来たら欠かせない観光地shine

でも、今もこの地名を聞くたびに小さな悲しみが付き纏います。

070071城壁に囲まれた美しい古都は今、常に観光客で溢れています。

081082088あの紛争でどれほどの建物が破壊されたか判らないけれど、今は元通りになりました。

094数年前まで無数の弾丸の跡が残っていた城壁にも上ってみました。

099城壁から見る街は本当に聞いていた通りの赤い屋根が美しい!

097
見下ろす街は平和に包まれています。

101城壁をぐるりと一周するのに約1時間…とても暑かった!

103観光客でごった返すミンチェッタ要塞の中は急な階段で大変でした。

109110海側に出ると視界が開け、風も心地良くて良い気分♪

116海には観光船もたくさん出ていました。

117

紛争の終結から長い時間が経ちました。

1988年、英国で仲良くなったドブロヴニクの美しい少女shine

日本の着物が大好きで翌年、若い頃の振袖を送りました。

何故か連絡も取れずその荷物も半年後に戻ってきてしまいました。

当時、既に紛争の気配が漂っていたセルビアやクロアチアの情勢。

その頃から旧ユーゴスラビアの友人達と連絡が取れなくなりました。

自身も忙しい盛りで連絡を取る努力もあまりしないまま紛争は激化。

心を痛めながらも何一つできずに、30年が過ぎてしまいました。

70歳になるのを機にドブロヴニクを訪ねてみたいと思いました。

2018年6月10日 (日)

ブレッド湖

はぁ…またまた更新が滞ってしまいました。

先週は朝から夜まで毎日外出、今週は4日間の予定ですがどうなりますか?

趣味が楽しいのは良いことですがここまで熱中するのは如何なものでしょう?

まぁ…思いがけず頂いた退職金がある間は良いかな?ってことで!happy01

                     ♪

長年、行ってみたかったスロベニアのブレッド湖へも行きました。

旧ユーゴスラビア時代の友人達から薦められていた場所でした。

225
途中は何となく信濃大町を思わせる風景が続きました。

226227
はこべかな?植物も似ていますnotes
228
この手漕ぎボートで聖マリア教会のある島へ渡ります。

230ユリアンアルプスも何となく大町線から眺める山々に似ています。234
チトー大統領の別荘upwardrightは今、ホテルになっているそうです。

233憧れの聖マリア教会が見えてきましたnotes

247ボートを降りてから急な階段を上ります。

237240この鐘を撞くと願いが叶うのですって…赤ちゃんの無事な成長を共に願いました。

243249
素敵な教会だったけれどすっかり観光地になってしまい昔とは少し違ったのかな?

もう30年以上も前の旧ユーゴ時代の友人達…どうか無事に元気でいますように!

2018年5月31日 (木)

プリトヴィッツエ湖国立公園

現在のクロアチアは観光業にとても力を入れている国です。

長く続いた紛争の痕跡をなるべく消そうとしているかのようでした。

でもプリトヴィッツエに向かう道中では爆撃されたままの家が残っていました。

あの長く続いた紛争でどれほどの悲しみが今も続いていることかと思います。

147上の滝を見下ろせる観光スポットからハイキングは始まりました。

149150木々の間を縫いながら滝まで降りていきました。

151158157気候が良かったせいか滝の真下まで降りることができました。

168163凄い迫力でレインコートがビショビショになりました。

170下の滝までのハイキングは可愛いいお花が咲いていて楽しい♪

172アップダウンを繰り返す全く飽きない道です。

190小さな湖を小舟で渡ると魚がたくさん泳いでいました…夕食で頂きました。191途中で可愛いわんこさん達にたくさん会いました♪

181お~い!落ちないでね!毎年のように転落事故があるハイキングコース!185188ドイツから来た仔は最初は元気だったけれど…196出口ではヘトヘトでござる~wobbly朝早くから車で移動したそうです。

今夜はゆっくり休んでね!プリトヴィッツエのホテルは良かった!

144143クマさんがお出迎え♪137 バンビやリスもお出迎え…友人は嫌がってたけれどcoldsweats01

142湖にいたお魚(鱒の一種)は美味しかったdeliciousお野菜が美味しい国でした!141

今週はPCを新しくしたのとブリッジがお休みなのでブログが捗ります♪

この調子で頑張りまっしょい!happy01

2018年5月30日 (水)

スプリット

クリスの要塞から眺めた「スプリット」は、とても楽しみにしていた街でした。

ローマ皇帝ディオクレティアヌスが数年間を過ごした宮殿跡は古代、中世、現代が混在し、実に魅力的でした。

037四方を城壁に囲まれた宮殿を海側「鉄の門」から入りました♪

039

038040この広場を中心にドムニウス大聖堂、入り口では小さなスフィンクスが守っていました。

049_2

041城壁内は小さな路地を抜けるとまた別の広場に出たり、カフェはいたるところにあり、本当に好みにピッタリ!059057055静かな街をぶらぶらぶらぶら♪楽し~♪053ジュピター神殿は一人がやっと通れる路地を通って行きます。051ジュピター像が守る小さな洗礼室の天井が素晴らしかった!050写真でうまく撮れませんが一見の価値があります。

043金の門を出たところにグーグル司教の大きな像。

足を触ると願いが叶うとのことで皆が触ってます。

042金の門は鉄の門や青銅の門に比べると瀟洒な感じでした♪

048大聖堂は現在も使われており、カトリック国のクロアチアらしさが伺えます。

046047044夕方までゆったりと過ごしたスプリットの街…もう生きている間には来ない。

先の人生はさ程、長くはないもの…来られて本当に良かったと思いました。

2018年5月29日 (火)

クリスの要塞

またまたご無沙汰をしておりますが、PCを買い換えました。

まだ慣れないし、ブリッジが忙しくなかなか更新できません。

でも旅の記録だけは後々の自分のために書いておきたい♪

                     ※

今回の旅で思いがけず感激したのは「クリスの要塞」。

バスから崖の中腹に建つクリスの要塞が見えました。

036026027近づいてみるとかなり大きく、堅固な建物です。

029かなり荒れ果てていましたが、とてもロマンがありました。03003203316世紀に攻め込むオスマントルコの軍隊と戦った要塞の人々に思いを馳せました。

028遠く海沿いに広がるスプリットの街…何時間でもいたい気分でした。

PCは以前とは違い、サクサク?書けますがどうもまだ勝手が違うcoldsweats01

ボチボチ更新を心掛けます!

2018年5月21日 (月)

ザダルの太陽

ご無沙汰を致しました。何方も待っていては下さらないとは思うのですが…coldsweats01

昨年からブリッジに本格的にのめり込み、全くPCを開ける余裕がありません。

友人の誘いで出かけたクロアチア旅行中は「帰国後、ブリッジは程々にしよう」

豊かな時間の中では思ったのですが、帰国の翌日からブリッジに明け暮れ中!

この年齢でこれほど熱中できるのはかなり幸せなことだとも思います。

でもせめて旅行記だけは書いておかなければ…思い出せる間にねcoldsweats01

                          ♪

アドリア海に面したザダルはシーオルガンで名を馳せています。

”ザダルの太陽”も観光スポットだそうで一体、それは何ぞや?

013アドリア海は塩分濃度が高いせいかとても澄んでいます。

015
泳ぐ魚も見えるので魚釣りに最適!?

014静かな海岸添いにシーオルガン&ザダルの太陽があるとのこと♪

019020この穴から確かにオルガンのような音が聞こえます♪018海に沈む太陽を見ながら恋人同士が語り合い、シーオルガンの音を聴くnote

何てロマンチック!20年前なら誰かとまた来たいと持ったかもしれません。

016

人々が集まっているのは”ザダルの太陽” へぇ~?eye

017あらまぁ!地面に埋められた太陽光発電パネルが日没後に太陽のように光るようです。

この場所だからこそシーオルガンと相まって相乗効果でデートスポットとして最高かも?

でも日没まで待てず、ザダル旧市街へGO!

006

009_4とても古い聖ドナ教会upwardright クロアチアはカトリックの国なので教会が多いのです。

011_2

012_3

旧市街自体も静かで落ち着いた良い街でした♪

023_2

食事を終えて出てみたら人々が集まって何かが始まるようでした。

でも眠くて眠くて早々にホテルへの帰途に…歳を感じた旅でしたhappy02

より以前の記事一覧