住まい

2016年10月10日 (月)

掃除機

”掃除嫌いのきれい好き”で効率の良い掃除方法は60代前半で習得good

今は毎朝のフローリングワイパー&月1回の丁寧掃除で年間快適です。

掃除機をかけるのは年に数回だったけれどターボⅡが来てから激変!

004
フローリングワイパー並に軽くて(1.3kg)快適!週に一度は掃除機登場note

先月、処分した掃除機のことを考えると実にコンパクトで収納も場所不用。

004_2
狭い我家ならでは??広い家にお住まいの友人も重宝しているとのこと。

「1階と2階で2台使っているわよ。力が無くなってきたらこれに限るわ!」

家事が億劫になるのはまだまだ先の事だとは思うけれど転ばぬ先の杖?

最後まで快適な住いで幸せに過ごしたい…この先は色々工夫が必要ね!

自宅での茶事を断念したら30㎡~位のワンルームへ転居…あと何年?wink

いずれは来るその時のために退職後はできるだけ茶事をしようと思います。

2016年5月14日 (土)

仲良しコラボ

この頃はベランダのクレマチスが次々と花を咲かせていますnotes

014
左手の花を切って友人宅で頂いたお花と一緒に飾りましたnote

015
この友人宅へもクレマチスを株分けしているので上手にコラボしていますnote

マヌカの枝もたくさん頂き、ベランダのレモンバームの葉っぱと飾りました。

016
こちらもコラボ!happy01 人だって花だって上手にコラボできるって良いね!happy01

004_2
クレマチスはどんどん切っているけれど、まだまだ楽しめそうですよんnote

2016年4月30日 (土)

バジルの花

冬を越した?バジルの花が咲きましたnote 

解り辛いけれど小さな白い花downwardright

014
12月には枯れてしまうバジル…小さな葉のまま年を越し、春になったら花が!eye

015
”外に出せば種がこぼれてまた芽が出るわよnotes

友人が教えてくれました…出してみようかな??

毛虫が来たらどうしましょう??…迷う~happy02

せっかく咲いてくれたんだもの!出そう!good

初めてのバジルの花shine嬉しかったなぁ!happy01

2016年4月20日 (水)

眼福

簡素な住いでも、お花があれば華やぎますnote

お食事をするDKで眼に入る友人宅の花々lovely

003002
テーブルクロスも花々notes 母が同じ柄で数枚、作っておいてくれたものupwardleft

001

この頃、お花は高くてあまり買えない…友人宅のお花で”眼福”notes

013
ベランダのレモンバームを摘んで飾るのも眼に優しいnote

014
飾り皿も今の季節のお花upwardright昔々、若い時に頂いた…想い出の品shine

眼に入る風景が優しく、美しいことはとても大切な事だと思いますconfident

若い時は鏡を見れば美しいものが見えるけれど…今は見えません。

そんな老年期こそ身の周りは美しくありたい…亡き母の信条でした。

先の老いの日々も”眼福”さえあればきっと毎日楽しく生きられる!happy01

2016年4月18日 (月)

家は人なり

いつかはバリアフリーのワンルームに住みたいと考えています。

お茶を断念する時が来れば、かなりの物が処分できるからです。

もう、茶室も茶道具も着物も必要無くなり身軽に老後を迎えたい。

そのお手本のような36㎡程のワンルームに住む友人宅を訪問。

021
世界中を旅した友人は特にインドネシアがお気に入り…住いの象徴タペストリーupwardleft

022
フリーライターとしての仕事場スペースにもお気に入りの置き物upwardleft

032
全ての小物に友人の暖かく、魅力的な個性が表れています。

028

026_2

ワンルームとは言え、仕事場、リビング、寝室、DKスペースを上手に分けています。

026_3
ダイニングスペースupwardright 手前は寝室スペース、南北に風が吹き抜ける作り。

023
リビングスペースはDKスペースの対極にあり、緑多いベランダに面しています。

10人位のパーティも開くと言う友人の住いにすっかり魅了されてしまいました。

歳を重ねて体力が衰えれば、お掃除は簡単な方が良い。

お料理も、今でさえ手抜きなのだから台所も小さくて良い。

コンパクトな台所でも、美味しいものは調理できるもの!smile

029_2

030

030_4
コーヒーカップも実に友人らしいセレクトdownwardright

031_2

大きな2階建から引越したばかりとは思えぬ落ち着いた住いshine

”執着のある物は全て捨てて、愛着のあるものだけ残したの”

確かに今、此処にあるものは正に友人らしく”友人そのもの”

住いはその人間性の全てを現していることを思い知りました。

ワンルームへの引越はまだ少し先のことだけれど心がけたい。

2015年12月24日 (木)

3700円

住いの買い替えを断念し、今後の人生を見通すことで、処分品がたくさん出ました。

一番、大きな処分品はコルグの電子ピアノdownwardright

025
実家のアップライトピアノを東京には持って来られないので買った物です。

タッチも音質もとても良くて、外部に漏れる音を気にせず、楽しみましたnote

でも、ここ数年は全く弾くことも無く…楽譜がよく見えなくなったのですthink

暗譜は数少なく、もう指も動かない…他にも楽しみはたくさんあります!

状態はとても良いのですが引き取り手は無く、処分することにしました。

デロンギやDVDレコーダーは救世軍が無料で引き取り、他の品は downwardleft

005_2
ベランダチェアー&テーブル、プリンタ、コルグ&ピアノ椅子合計3700円。

処分費用はかなりの金額を予想していたのでビックり!助かったぁ!!happy01

状態の良い衣料、バック、靴、食器類は友人が救世軍へ運んでくれました。

収納はかなりすっきりして気持が良く、寝室もスッキリ!downwardleft

024_2
ビフォアーupwardright アフターdownwardright

001
手前の椅子の場所にあったPC机を窓辺に移動し、スッキリ~notes 

                          ♪

人生は一生の間にその時々で必要なものが変化していきます。

いつまでも守られていた時代や女盛りに執着したくありません。

この家に住むことになった時、実家時代の家具は処分しました。

一人で、貧しく生きると決めて、自分の分に合った物にしました。

そのことはとても良かった…重厚な家具が無くなりすっきりした。

でも、一人で生きる寂しさに押しつぶされそうな時もありました。

今回、その寂しさを慰めてくれた電子ピアノを処分しスッキリ!

もう孤独の時間に慰めは不要で、一人の時間は充実感満載!

生きていれば常に人は成長し、人としての充足を得ていくもの。

先の日々もそんなことが実感できれば良いなぁと思いましたnote

2015年12月11日 (金)

待降節

朝はドシャ振りrain…急に晴れたと思ったら20度超えでポカポカ陽気sun

待降節にこんなことって、今まであったかしら?

クリスマス飾りの博士達もきっと驚いています!

009
いつもと変らぬ飾りです…Kちゃん作は初めて飾ります。

我家には似合わぬ豪華さ…飾ってみたらとても素敵!good

011
015
今年はこの方達もdownwardright 久しぶりの登場ですnote
001
北欧のお土産はとても可愛い!lovely

014
この方達の表情に癒されていますnote

クリスマスはとても小さな子供だった頃からのたくさんの想い出に充ちていますconfident

大人になってからは楽しい想い出ばかりでは無く、悲しいクリスマスもありましたweep

その時々が鮮やかに甦る待降節の日々…60代は静溢な幸せを感じていますconfident

それにしても今日のこの気候!…こんな日もいつか待降節の想い出になる?happy01

2015年12月 3日 (木)

不用品処分

ほぼ毎朝、フローリングワイパーをし、季節ごとに収納整理をしています。

それでも、時々は思い切って不用品を処分する時期が来るようなのです。

今回、マンションの買い替えをしない決断をしたことを期に断捨離決行!

019
買ったけれども一度も使用しなかったデロンギオイルヒーター、プリンタ、ほんの時々使用しただけのDVDレコーダー、折たたみベランダチェアー&テーブル等々、勿体無いけど…。

020
お洋服の数々とバック等々…まだ出るかもしれないcoldsweats01

一時的なものと思って買った住いはとても住みやすい。

一人暮らしには分相応でもあり、当分は住み続けます。

もっと快適にするためにまず処分&改装?…考え中confident

2015年11月 6日 (金)

花瓶?

これって花瓶?

008_2
これはビールグラス…でも底に付いている鈴が鳴るのでグラスとしては好きじゃないwink

009_2
でも花瓶としてならOKかな?小さな花もまとまるので使いやすいnote

じゃぁこれは?downwardright

019_2
これはプリンの器…美味しかったし可愛いし、食卓にも似合うnote

026
これもプリンの容器downwardright ”魔法のプリン”だったかな?

024

025_4
TVの上のコーナーは小さいけれども毎日、眼に止まります。

可愛くて、きれいで、美味しい想い出についニコニコnotes notes 

気候も良く、ヤル気も満々!お茶事の準備を頑張りまっす!

2015年11月 3日 (火)

小さな床の間

今の住いを買い変えたかった一番の理由は床の間が無いことでした。

育った家は1階と2階に客間があり、風情が違う床の間がありました。

実家にいた頃は価値が解らなかったものの今も時折夢に出てきます。

でも育った家は父の分際、もう今は自分の分際をわきまえるべきです。

我家の小さな”床の間もどき”も四季折々、心を楽しませてくれますnotes

                          ♪

友人宅から秋のお花をたくさん頂きましたnote

014
板床に籠の花入れで詫びた風情…なんて可愛らしい!!!lovely

013
敷板は工務店で頂いた普通の板なのだけれど簡素で清々しい!shine

別の日には真塗の長板を床の間に見立て、花入れを置きました。

004
お軸は同じものなのに、全く感じが違って嬉しいnote

照り葉は花水木、今、友人宅で一番の紅葉ですshine

013_3
全く同じ風景なのにupwardright お天気が良いとまた違う風情を見せてくれますnote

014_2
照り葉がきらきら光り、何て美しい!!!shine

貧しい家の小さな床の間の豊かなこと!happy01

より以前の記事一覧