« ピレネーでハイキング | トップページ | レコンキスタの時代 »

2017年10月 6日 (金)

スペイン橋の犬

フランス側ピレネー山中にいた3日間はお天気があまり良くなかったのです。166174でも山のお天気は目まぐるしく変るので晴れ間を縫ってハイキング♪

雨になりそうだったのでリフトを使いましたが歩いても良かったなぁ!

176晴れていれば素晴らしい景色が見られたはずのコーブ湖は何も見えずbearing

でも渓流に添って歩くスペイン橋までは何とか雨に降られませんでした♪

175
「この橋を渡れば間もなくスペイン!」フランスがそう命名したスペイン橋♪

179この脇にある滝は凄い水量で迫力がありました!

177_2180

181_3脇のレストランには老犬がいて、合羽を来て出迎えてくれました。

もうそんなには長くは無い…犬はぎりぎりまで歩くものなのです。

眼も見えないし、耳も聴こえない…それでも尻尾を振り出迎える。

実家で19年を生きた忠実な樺太犬を思い出しました。

旅では実に多くのことを思い出し、考えさせられます。

若い時も、老年期にも、旅をするのは良いことです♪

« ピレネーでハイキング | トップページ | レコンキスタの時代 »

娯楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510309/65880243

この記事へのトラックバック一覧です: スペイン橋の犬:

« ピレネーでハイキング | トップページ | レコンキスタの時代 »