« ポーランド覚書 | トップページ | アルビの青い馬 »

2017年9月10日 (日)

花の命は案外、長い?

毎週のように頂いて来るお花は涼しくなって1週間は持ちます♪001先週のお花は地味ですがまだ華やかnotes年齢に譬えると65歳位?

1週間を過ぎると萎れるお花も出てきて昨日の朝はたぶん75歳?

001_2華やかさは無くなるけれど花の優しさや可愛らしさはまだ充分に保っています♪

                            ♪

母が今のcrea位の年齢の頃、高価な化粧品や着物をかなり買っていたものです。

失礼な話だけれど”もうそんな歳なのに何故なのかしら?”と思っていたのでした。

今、当時は解らなかった母の気持がとても良く解ります。

まだ「花」なのです…女性は死ぬまで花であり続けたい。

肌や髪は女盛りの頃のように美しくは無いけれど「花shine

衰える分は雰囲気で補う…当時はまだ「きれい」と言われることもあった母。

70代半ばの頃も一緒にいると「きれいなお母様ね」と言われたりもしました。

残念ですが一度も世間の風に晒されることなく過ごした母とは全く違うcrea。

それでも何とか少しでも長く「花」の命を保ちたいと願う今日この頃です。

そのためにも分不相応なのですが心の贅沢をしたい。

2週間ほど旅に出ますのでブログをお休み致します。

美しい秋をどうか存分にお楽しみ下さいますように!

« ポーランド覚書 | トップページ | アルビの青い馬 »

つれづれ日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510309/65771330

この記事へのトラックバック一覧です: 花の命は案外、長い?:

« ポーランド覚書 | トップページ | アルビの青い馬 »