« 戦場のピアニスト | トップページ | ボスナンと忠実な犬達 »

2017年7月15日 (土)

トルン

ヴィスワ川添いの街トルンは戦争による破壊をあまり受けませんでした。

そのため、中世の面影を色濃く残す建物が城壁に囲まれて残っています。

旧市街はゴシック建築の傑作やコペルニクスの生家があり、観光の街♪

082非常に古い城壁は12?13世紀?083_2塔が何だか傾いて見えるけれど?城門を入って…081_3近くで見たらやっぱり傾いていた…084ポーランドに来た時はまだ小学生の姿は見なかったけれど、途中から小学生が一杯!

(どうやら16~17日に夏休みに入ったようでした) コペルニクスの生家も古い建物shine

090

092_3その隣の隣にロックバー!?…学生の街でもあるので旧さと新しさが共存♪

088_2

086_3

094_5
街の入口近くのとても古い教会は鐘の音が美しいshine

096旧市街中心部は中世の面影が残り、お祭やクリスマスは大変な賑いだそうです。

095_2旧市庁舎前のコペルニクス像upwardright

097_2

098

中庭がとても良い雰囲気でした♪カフェもありましたよんcafe

この中庭を抜けると広場に出ます…カフェタイムはここで♪

099_2向うに見える塔は聖マリア教会upwardright

101_2ヨハネ・パウロ2世は度々御ミサをあげられ、人々の記憶に深く残りましたshine

102_2この御聖堂にもチェンストホーヴァの黒いマリア様がおられましたshine

長い長い祈りの時間の後、外に出るとなにやら雲行きが怪しい…thunder

100_2ポーランドでは度々、雷雨がありましたがあっと言う間に上がります♪

105

多くの教会やキリスト教騎士団の城壁や旧い建物等々、見処満載の街トルンshine

104_2雨が上がれば広場の蛙の噴水は子供達の遊び場♪

(名物ピエルニキの一番大きなお菓子屋さんの近く)

ここでトルンの大学を卒業したという青年に会い、親しくなりました。

« 戦場のピアニスト | トップページ | ボスナンと忠実な犬達 »

娯楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510309/65536475

この記事へのトラックバック一覧です: トルン:

« 戦場のピアニスト | トップページ | ボスナンと忠実な犬達 »