« ワルシャワ蜂起 | トップページ | トルン »

2017年7月14日 (金)

戦場のピアニスト

旧市街広場から直ぐの場所にあるバルバカン(砦)も再現された場所。

055054砦から眺める風景はまるでおとぎの国のような雰囲気♪053バルバカンから歩いてキューリー夫人博物館downwardright056またぶらぶら旧市街に戻り、アイスを食べたり、お土産物屋さんを見たり♪

058

060いつまでも明るいのですが夕暮れを過ぎると人通りは少なくなります。

059何処からともなく聴こえてくるピアノの音…夜想曲の何番だったかな?

”戦場のピアニスト”は全編に流れるショパンが印象的な映画でした。

ワルシャワ蜂起を詳しく知ることになったのはその映画を通してです。

ポーランド国民の死力を尽くした闘い、連合国の援助は得られず、絶望の中での勇気と人間的な弱さ、悲しみ、誇りと優しさ、そしてショパンの名曲の数々shine

ただ皮肉なことに最も印象に残ったのはショパンでは無く、ベートーベンピアノソナタ14番「月光」でした。

ドイツ将校が廃墟で弾く場面と共に曲の哀しみと美しさが沁みました。

ポーランドに来て、”戦場のピアニスト”をもう一度、観たくなりました。

064
旧市街には再現された美しい教会がいくつかあります。062067このステンドグラスさえ、元通りに復元したと聞きました。

068_2
旧市街広場と王宮広場の途中にある洗礼者ヨハネ教会は小学生で大賑い!

061子供好きの聖フランシスコ様もさぞお喜びのことでしょう!

066そして御ミサの後はショパンが通ったレストラン「ホノラトカ」へ出かけました♪

« ワルシャワ蜂起 | トップページ | トルン »

娯楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510309/65527807

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場のピアニスト:

« ワルシャワ蜂起 | トップページ | トルン »