« ジェラゾヴァ・ヴォラ | トップページ | ワルシャワ蜂起 »

2017年7月11日 (火)

ショパンの心臓

他のヨーロッパの国と同様にポーランドの都市も其々に魅力的です。

「ワルシャワは好きじゃない」と仰る方もいますが個人的には好き♪

日本で例えるとクラクフは京都でワルシャワは東京と言ったところ?

到着時と出発時を合わせて計5日も滞在したせいかもしれません。

016_2ショパンの像のあるワジェンキ公園はとても広くて大好き♪

017この場所で日曜日にはピアノ野外コンサートが開かれます♪

個人的な事情で行けませんでしたが、それはもう最高に素敵なコンサートだったそうです。

ウェステイン・ワルシャワ近くのバス停から10分もかかりませんdownwardleft

019_2ショパンはポーランドの方にとって永遠の英雄なのでしょう。

今も深く深く愛され、そこ此処にショパンの存在を感じます。

街の中心部は大統領官邸やワルシャワ大学が点在します。

020_2021_2034

030

そして聖十字架教会downwardright

027この柱の中にショパンの心臓(だけが)眠っています。022ポーランドの苦難の中で生きて祖国に帰れなかったショパン…心臓だけが帰りました。

その音楽に加え、39年の生涯もショパンが今も深く祖国に愛される理由なのでしょう。

柱記載のマタイ伝1節「あなたの宝の場所にあなたの心がある」

031_2

街の至る所にあるショパンベンチからはショパンの音楽が流れ…

024_3ショパンも学んだというワルシャワ大学upwardright を始め、至る所にショパンの足跡。028_3本当の目的ではなかったのに…すっかりショパンに魅了されてしまいましたconfident

« ジェラゾヴァ・ヴォラ | トップページ | ワルシャワ蜂起 »

外ご飯」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510309/65519767

この記事へのトラックバック一覧です: ショパンの心臓:

« ジェラゾヴァ・ヴォラ | トップページ | ワルシャワ蜂起 »