« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

サンティァゴ・デ・コンポステーラ②

今朝の起床はとても辛かったのです…時差ぼけ?寒さのせいかな?

1月にシチリアから帰った時も思ったけれど、日本ってとても寒い!!

いつも帰国の翌日から出勤しており時差ぼけになる暇がありません。

今日は日帰り旅…予定が無ければお昼近くまで寝たかもしれません。

                           ♪

サンティアゴ・デ・コンポステーラのオブライド広場に面した大聖堂正面は工事中でした。

巡礼者や観光客が集まるオブライド広場からこの通路downwardleftを抜けると大聖堂西門?東門?

046_2
聖ヤコブのお墓に建設された大聖堂はさほど大きくはありませんが圧倒されます。

043
2日目は晴れて気持の良い天気でしたが初日は曇り空cloud

016018_2
左の小さな門が免罪の門…20日まで開いているはずだったのです。

019020

大聖堂正面祭壇downwardright聖ヤコブ様の像に後ろの階段を上って抱きつくことができます。

048

上に上がる階段は一人がやっと通れる狭さですが直ぐに解ります。

地下のお墓への入口がかなり解り辛いので係りの方に聞きました。

050_2051
副祭壇もたくさんあり、とても立派できれいでしたshine

049_2052
ルルドのマリア様…ここからルルドはとても近いのです。

ルルドにも是非、もう一度行ってみたい!叶うかしら?

20代半ばからあっと言う間の60代後半…急ごう!dash

…って…来年はいよいよ国民年金生活…可能かしらcoldsweats01

2016年11月29日 (火)

サンティァゴ・デ・コンポステーラ①

20代の初めての海外旅行は神父様やシスター方との聖地巡礼の旅でした。

3大聖地を旅したのにサンティァゴだけは全く記憶が無かったのです。

スペインの記憶は何故かマドリッドだけ…行った記憶さえありません。

でも、街の入口のdownwardrightヴェネディクト会修道院には見覚えがありました。

009
記憶が無いのは初めての海外旅行で疲れ果てていたのかもしれない。

街は実に素敵でした♪

012017

040_2

041
賑やかな道や静かな道…魅力的な小道がたくさんありますが迷うことはありません。

010
どの道も大聖堂に通じているし、大きな広場に必ず出られるから♪
044
この広場には長く歩いたり、自転車旅の巡礼者が大勢、集まっていました。

014
世界中から集まる巡礼と観光の方々…清浄さと暖かさに満ちた街のように思えました。

犬達も実にフレンドリーnote

013

日本犬もいましたよんnote

022023

カメラ嫌いの秋田犬”角さん”heart04カメラを向けるとそっぽを向きますがとても優しい♪

飼い主の男性も実に立派な体躯の優しい方でした…末長く幸せに過ごしてね!happy01

027
市場にいたこの仔も実に良い仔でした♪

人々も皆、優しくて親切…何故こんな素敵な街を覚えて何いの?coldsweats01

記憶にしっかり留めるように大聖堂のヤコブのお墓に参りました。(続く)

2016年11月28日 (月)

ただいま♪

サンチャゴ・コンポステーラから帰ってきました♪

007
希望の丘upwardright は霧の中…免罪の門downwardright は閉っていた…との落ちが付いて!happy02

019
20日までは開いている予定だったのに13日に閉ったとのこと…ありゃ!

まっ!当分の間は罪を免れないのでこの世で努力しなさいってことかな?

久々のサンティァゴ・デ・コンポステーラは20代よりじっくり味わえました♪

きっと最後の訪問になりますが、楽しくて穏やかな旅となりました。

ボチボチと旅記録(自分のための)を書いていきたいと思います。

お付き合い下されば幸いです♪(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

2016年11月12日 (土)

旅に出ます♪

034
照り葉と小菊が美しい季節になりました♪

2週間程、懐かしい国へ行ってまいります。

42年ぶりに訪ねる街もあって楽しみです。

どうぞお元気でお過ごし下さいますように!

2016年11月 8日 (火)

炉開き

10月下旬に風炉の灰等の始末をし、お道具を片付け炉の準備。

茶道は準備に要する体力もかなり必要なことを実感しています。

お床は「寒山拾得」の大きなお軸に茶壷downwardright

023022
今年も茶壷の紐は無事に完了…友人宅で楽しい開炉の茶事でした。

炉での茶事は炭手前から始まります。

初めて亭主を務められた方は緊張の中、堂々として感心しました。

一通りの懐石が終り主菓子は善哉downwardright

019
開炉の決まり事の善哉は手作りでとても美味しかった♪

020
”詰め”でしたので楽でしたが前後の準備で疲れました。

来年からは少しづつ、お稽古を減らしていくつもりです。

長い正座が身体に堪えるのです…転ばぬ先の杖です。

年齢に伴い次々思わぬ出来事が起こります。

今、できることを精一杯、楽しもうと思います。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »