« 慟哭の夏 | トップページ | 父の好物 »

2016年8月 7日 (日)

想いを馳せて

このところ、気持の沈む日が多いせいか2年程前に行った当麻寺を思います。

折口信夫は此処に滞在し釈超空として「死者の書」を書きました。

いつも、どんな時も「死者の書」は心にあり、常に想いを馳せます。

083

084_2
二上山の麓にある当麻寺…この秋には訪ねられるかしら?

8月末の退職願はまたも却下され、「あと少し」と懇願されてしまいました。

好きな仕事ではあっても気持は離れています。年末までとの願いは叶う?

どんな働き方でも良いと言われても…退職がこれほど困難とは想定外!

こちらの更新が滞っていますがご飯ブログは毎日更新しています。

よろしければ覗いてみて下さい。(退職想定の節約モードご飯です)

« 慟哭の夏 | トップページ | 父の好物 »

つれづれ日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510309/64023195

この記事へのトラックバック一覧です: 想いを馳せて:

« 慟哭の夏 | トップページ | 父の好物 »