« 見間違い? | トップページ | どっちつかず? »

2015年11月 3日 (火)

小さな床の間

今の住いを買い変えたかった一番の理由は床の間が無いことでした。

育った家は1階と2階に客間があり、風情が違う床の間がありました。

実家にいた頃は価値が解らなかったものの今も時折夢に出てきます。

でも育った家は父の分際、もう今は自分の分際をわきまえるべきです。

我家の小さな”床の間もどき”も四季折々、心を楽しませてくれますnotes

                          ♪

友人宅から秋のお花をたくさん頂きましたnote

014
板床に籠の花入れで詫びた風情…なんて可愛らしい!!!lovely

013
敷板は工務店で頂いた普通の板なのだけれど簡素で清々しい!shine

別の日には真塗の長板を床の間に見立て、花入れを置きました。

004
お軸は同じものなのに、全く感じが違って嬉しいnote

照り葉は花水木、今、友人宅で一番の紅葉ですshine

013_3
全く同じ風景なのにupwardright お天気が良いとまた違う風情を見せてくれますnote

014_2
照り葉がきらきら光り、何て美しい!!!shine

貧しい家の小さな床の間の豊かなこと!happy01

« 見間違い? | トップページ | どっちつかず? »

住まい」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510309/62604208

この記事へのトラックバック一覧です: 小さな床の間:

« 見間違い? | トップページ | どっちつかず? »