« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月31日 (金)

肉じゃが♪

この暑さで自炊気力がかな~り低下中…coldsweats01

でも、食べたいものがあれば気力復活!good

005

久々にちゃんと作った肉じゃがメインの晩ご飯upwardright

006_2
肉じゃがは牛肉派で白滝必須♪ とても美味しいじゃがでした!delicious

007_2
自家製糠床が良い具合なので、お漬物もとても美味しい!delicious

冷凍のさつま揚げや明太子を添えて大満足の晩ご飯でしたnote

肉じゃがで幸せ…何て安上がりな幸せなんでしょう!

こんなことで幸せになれる自分にも満足なのですhappy01

2015年7月30日 (木)

積もる話

大学時代の友人と久々に会うことになりましたnote

卒業後も度々会っていたとは言え、今回は約25~27年振り位?

互いに積もる話があるのだけれど時間は3時間半しかありません。

しかも東京駅から動けず、友人は夜、大切な会食を控えています。

その制約の中での選択肢はここdownwardright 

012
ステーションホテルラウンジはゆったりしたお席で時間ぎりぎりまでOKgood

互いに解るかなぁ…違う方にお声をかけてしまった…彼女もだって~coldsweats01

会ってしまえば学生時代と全く変わらぬスタンスでペチャクチャnotes notes notes

昔と同じく時間オーバー…お互いにいい加減な性格だったものね~coldsweats01

なりを潜めていた「のんびり屋のあわてん坊」が復活してしまった~wink

013
カスクルートのセットはお腹に軽いので会食を控えていてもOK!good

011
飲物はお替りできるので、コスパはとても良いです!

何よりものんびり&ぎりぎりまで居られたのが嬉しい!

今年中にもう一度会う約束をして改札で別れました。

苦楽両方の積もる話も全て笑って話せる年齢に感謝。

老齢期の最高の贈物は旧友なのかもしれません!happy01


2015年7月28日 (火)

美味しいイタリア

もう1ヶ月も経ってしまいましたが、イタリアでは何を頂いても美味しく感じましたnote

街のバルでも、田舎の村のトラットリアでも、何を頂いても美味しくて幸せでしたhappy01

果物やお惣菜を買って宿で頂く食事も美味しかったし家庭料理も美味しかった!

特にワインやチーズが安くて、とても美味しかった!happy01

イタリア土産として買ってきた物downwardright

245
トリノのトロンチーニ&シエナのパンフォルテupwardright 

シエナの伝統菓子パンフォルテは大好き!smile

246
少しづつ切って白ワインやシャンパンと頂いても美味しい!notes

缶入トロンチーニやジャンドゥーヤは帰国後の取り寄せです。

247_2
会社やお茶&ジム仲間はとにかく無難なお土産upwardright にしました。

友人達にはトリュフオイルやバルサミコ酢の小瓶等々のお土産。

乾燥ポルチーニも軽いのでお土産に重宝しました。

食べ物以外のお土産は買わないことにしています。

(南には必ずあるからすみは全く見かけませんでした)

   ♪

友人が食卓での撮影を好まないので写真はほとんど撮りませんでした。

お喋りに夢中だったし…それでも少し撮った写真downwardleft 

152
パスタは前菜として頂き、メインは撮り忘れ…デザートdownwardleft 

153_2
デザートは何処も美味しかったですがトリノが一番美味しかった!

お料理はクールマイユールの小さなレストランが一番の好み!smile

シェラトンホテルのコース料理はお店の許可を取って撮影しました。 

069_2

 日本でも同様ですが、まずビールdownwardright 美味しかったなぁ!!!

065
前菜のラビオリdownwardright 

064

 

066_3
メインは牛ステーキupwardright 

067_2
デザートはプリンupwardright パンも美味しかった!

これはどこのホテルか忘れてしまったご飯downwardright

201
お野菜も美味しくてモリモリ頂きましたnote  

202_3
かじきのハーブソテーをトリュフソースで頂きましたnote 

203_2
お昼はいつもピザ等を頂きながら、軽く飲みました。 

184
テーブルに必ずセットされるのはオリーブオイル&バルサミコ酢downwardleft 

183_2
サラダもパンもこれでupwardright 美味しく頂きました。

北のピザ生地は南と違って薄くて好きかもnote 

185_2
コーヒーも常に美味しくてホントに幸せnoteでもそれは日本も同じ!happy01

寒い所にいたせいか途中でデジカメの電池が切れてしまいましたcoldsweats01

後半の写真は撮れませんでしたが日々は充実しとても楽しかった!

写真は無くても、心に鮮やかに残る旅はこれからの人生の宝物shine

足腰を鍛えつつ、心身を健やかに保ち、次は何処へ行こうかなnote

(これで旅のお話は終りにしたいと思います)

2015年7月25日 (土)

上等の心

ほんの時々ですがNHKの”ファミリーヒストリー”を見ます。

昨日は今、話題の又吉直樹さんで興味深く見ていました。

007
初めて読んだのは芥川賞の前に三島由紀夫賞候補になった時でした。

この作家は心の美しい人だな…本当に優しい心の人なのだろうな…confident

「太宰治が好き」とのことで良く解る気がしました。

芥川賞を取られてもう一度、読み直してみました。

009
芥川賞に相応しい文学的才能をよく感じることができました。

それ以上に、最初に読んだ時の印象を更に強く感じました。

「心の美しい…心が本当に優しい人なのだろうな」

昨日の”ファミリーヒストリー”を見てそのことを確信しました。

又吉さんの祖父”又吉宝善さん”を知る方が仰っていた言葉。

「心は一番、上等じゃった!」

上等の心を持つことは、人生で最も大切なことだと思います。

学歴や貧富に全く関係なく持つことができますがとても得難いものでもあります。

祖父宝善さん、そして多くの親族の方から受け継ぎ、ご本人の努力で得た宝物。

芥川賞以上に大切な宝物がこの先、大きく花開くことを願わずにいられません。

2015年7月24日 (金)

おんなじ?

一人の食卓って…時々…ホントに飽きてしまうことがあるのですcoldsweats01

そこを何とか飽きない工夫をしてって…思うのだけれど…う~むthink

ハム、茹で卵、胡瓜のドックにレタス、胡瓜、桃を添えた朝食downwardleft

004
翌日はほぼ同じ食材downwardright パンと別々にしてみたよwink
005
ポテサラだけが違うかな? これだとちょっと飽きないgood

ランチョンマットや器も変えたけど、新鮮に頂けましたnote

楽しく美味しく頂くことは、脳や心にとても大切なことgood

それでも飽きたら…う~ん…外食でも良いかなぁ?coldsweats01

2015年7月23日 (木)

花の命

6月末でクレマチスは最後の花かと思っていたら、7月中旬に2輪、咲きましたnote

006
先週の台風が来そうだった頃、切ってTV上に飾りました。

008
7月の暑い時期、2日程で駄目になるお花も多いのです。

台風接近中は高温にならなかったのでかなり持ちました。

先週、茶友から頂いてきたお花達もかなり持ったのです。

001

茶友のお庭では既に秋の花々も咲かせていますnote

002_3
毎朝晩、お水を替え、茎を洗い、声をかけても…

004

010_2

柏葉紫陽花の命は3日でした。

他のお花は比較的持ちましたdownwardright

009

012
槿は元気で、枝の途中の蕾を開き…note

013
枝のてっぺんに付いていた蕾も開きましたnote

010_3
クレマチスと一緒にした蕾はこの暑さで開きませんでしたweep

昨日、お花達に「よく頑張ったね!」と言って処分しました。

この時期のお花の寿命が短かいのは仕方がないことです。

暫くの間、ハーブや木の枝を飾って楽しむことにしましょうhappy01

2015年7月22日 (水)

バルサミコ酢

バルサミコ酢を初めてアイスクリームにかけたのは15年程前のことnote

はっきりと覚えているのは当時、とても精神的に苦しい時だったからthink

                    ♪

「”モデナのこれ”は上等なのでアイスにかけると美味しいのよ。」

当時、住んでいたマンションのお隣の方からお土産に頂きました。

バルサミコ酢はお料理にだけ使うものと思っていた頃のことです。

それから急に親しくなり、広いルーフバルコニーで時々飲み会wine

まだまだ女盛りのその頃は互いに恋に仕事に悩みが多かった!

もうホントにホントに遠~い昔のことになってしまいましたが…coldsweats01

彼女のことも、「モデナ」という地名も、忘れたことはありません。

050

モデナ大聖堂の少し左後ろに見える塔は? トッレ・チヴィカ。

ギルランディーナ(小さな花)の愛称で呼ばれるモデナの象徴heart04

街の何処からも見えて、ピサの斜塔と同じ傾きがあるそうです。

052
051

大聖堂前のグランデ広場(ちっちゃいけど)はアーケードの商店街に面し、賑っています。

045
また街歩き…落書きって世界遺産の街にもあるのね~upwardright

046_2

048_3
街の中心方面を振りかえれば、常にギルランディーナnote

そして時を告げる鐘の音が響き、心がとても安らぐのconfident

049_3
市場の方へ行く途中にバルサミコ酢専門店がありました。

小さなお店ですが、美しい店員の方がとても親切でした。

バルサミコ酢とスプレー式のトリュフオイルを買いました。

008
頂いたバルサミコ酢の冊子に色々な使い方note 苺にかけても美味しいのね?lovely

010

009_4
お客様の時、こんな風にシュリンプサラダを出したら素敵notes

(イタリアではキーウイも桃も皮付で頂いていました)

市場をひやかし、トラットリアでお食事、またドゥオーモへ。

054_2
当然ながら内部もとても立派でしたshine

060_2
世界遺産のこの街はフェラーリの街としても有名なのだそうです。

50代までは車好きだったけれど今となっては興味がありません。

月日が経てば…人の生活にも心にも多くの変化がありますねconfident

歳を重ねることは、良いことばかりでは無いけれど悪くも無いwink

その時々を精一杯に生きればどんな苦しいことも想い出に換わる。

想い出は常に懐かしく、美しく、愛おしいものであるはずなのです。

老年期はそんな想い出の日々を積み重ねていきたいと思います。

2015年7月21日 (火)

太る夏!

あっつくなりました~happy02 あっちっち~beer でもビールさえあればOKよ!good

018
この夕食、あまり美味しそうに見えない~coldsweats01 それがとっても美味しかったの!delicious

019_2
ご飯にとろろをかけて、漬けにした鰹のタタキにたっぷりの紫蘇&小葱の小丼。

これが美味しくって!!! それに自家製糠漬けもとても美味しくなってきた!smile

大好きなさつま揚げも先日、たくさん届きましたよんnote

009
鹿児島”小田口屋”のさつま揚げ…美味しくて!!!

毎日、パクパクパクパクdelicious…ビールをぐびぐびbeer beer

夏って…ホントに太るばかりなり~coldsweats01

2015年7月20日 (月)

コモ

コモは古い城壁等が残っていたりするけれど、大きくて華やかな街でしたshine

180

観光船で湖を回ったり、ロープウェイで眺望を楽しむこともできますnote

200
ハリウッドセレブの別荘も多くあるようです…あまり興味が無い残念なcreacoldsweats01

199_2
この白鳥はupwardrightここから動かず、しきりに脚を気にしていて…怪我したの?eye

コモ湖に面した広場のカフェやレストランは観光客で大賑わい!

でも、少し外れると静かな道に出ましたnotesお洒落なお店が多い!

179_2
コモのドゥオーモは素晴らしかった!

008_2
ファサードも素敵だけれど内部があまりに素晴らしい!!!shine

190
観光客で大賑わいですが、静かに熱心に見ていましたconfident
194
たくさんの美術品に満ちていましたshine
191
どこを見ても呆然と見惚れるばかり…
193

197_2

196_3
天井もとても美しい!
195
蝋燭は2ユーロであげられますdownwardright

192_2
大聖堂で長い時間を過ごし、街をぶらぶら歩き、カフェでのんびりして過ごしました。

夜は10時近くまで明るいのでどんなにのんびりしていても充分な時間があります。

夏のヨーロッパは一日が本当に長くて、そのことをとても嬉しく感じる日々でしたnote

2015年7月19日 (日)

シルミオーネ

友人との旅で良いことは、友人の興味も共有できることですnote

”シルミオーネ”は行ってみたらすっかり魅了された街でした。

ガルダ湖畔のこの街は古代ローマ時代からの保養地でした。

154
スカラ家の城upwardright から素敵な街並が始まります。

155
観光地ですが6月初旬はこんなに静かでした。

156
ジェラードのお店やリストランテも多いので観光シーズンは賑うはず?

157

こんな素敵なレストランで夕食を頂きたいけれど…まだ営業していない?

160
イタリアで最も古い温泉施設…古代ローマ時代のスパは今も営業中downwardleft

161
観光地らしく、たくさんの素敵なホテルがありました。
162

この有名ホテルがdownwardright とても素敵!shine 泊らなかった(泊れなかった)けれど…coldsweats01

164
165
素敵なお家や別荘もたくさんありますnote
163
緑の多い湖沿いの街って大好きnote 魅力的な道を歩き、教会に着きました。

169

170
172

誰にも会わない…またまたぶらぶら街歩き♪

166
おっとっと…ガルダ湖も忘れちゃいけない!

175
ここには一羽しか子供がいない鴨の親子がいました。

177
普通は5~6羽の子供を連れているのにどうしたのかしら?

”他の子供は亡くしてしまったの。この子を立派に育てるわ”

178
話しかけていたら近づいてきて、可愛い子供を見せに来てくれましたnote

優しくて立派な鴨母さん、一羽の子も育てるのは大変!頑張ってね! 

聖マリア小聖堂はとても美しかったlovelydownwardright(街のほぼ真中にありました)

176
ごミサの時間は別の場所に移動してしまうので断念しました。

053
簡単な食事も美味しかったし、80代のマダムのエレガントさに感動しましたshine

歳を重ねるほどにエレガントさは本当に大切なのだなぁと心から思いましたconfident

努力して得られるとは限りませんが…やはり日頃から心がけなければね!!!

2015年7月18日 (土)

古代ローマの街

以前から、この地下回廊をどうしても見たかったのです!eye

219
悠久の時が流れているかのような回廊…ここには物語がたくさんありましたconfident

220

街全体が古代ローマの遺跡に充ちている”アオスタ”には多くの物語があるのです。

遠くに見えるのはアウグスタ門downwardright

232

233
プレトリア門と街の城壁upwardright ここに来るまで、古代ローマ劇場跡や円形劇場その他の数々の遺跡群を見ました。

240
遺跡群は人々の生活に溶け込み、とてもお洒落な街で美味しいお店も数々note

239
街の中心、広場に面した市庁舎だった建物upwardright 今はホテル?

暑い中、歩き回り、カフェに入ったり…まだまだ暑いので…eye

221_2

”GROM”があった!!!upwardright では早速!ピスタチオのジェラードlovely

222
またブラブラ…古代ローマの共同墓地まで行った帰り…あの古い塔は何?

237
正面に回るときれいに修復されたdownwardright サンタマリア大聖堂shine

地下回廊の隣にあったのにすっかり素通りしていたわん!coldsweats01

189
内部は大きな街の大聖堂とは違いますが、やはり立派でした。

190

231_2
ここにもルルドのマリア様がおられましたnoteフランス国境が近いからですconfident

別の聖マリア小聖堂を覗いていたら、美しい方が鍵を開けて下さいましたnote

静かにお祈りすることができ、お礼を言って別れましたが忘れ難い方ですconfident

236_2
地下に残る古い聖堂…やはり悠久の時が静かに流れていました。

ここには観光客の方もほとんどいなくて、良い時間を過ごしました。

241
ここはupwardright え~??? 忘れてしまったぁ~coldsweats01 歴史的な建物です。

数え切れない程、多くの遺跡が残る街で発掘中の場所もあります。

サントルソ教会ではロザリオの祈りから始まるごミサに与ることができました。

古代ローマからの数々の歴史を誇る街は住む方々の温かさに充ちています。

出会った方々はとても親切で日本に興味があり、好意的で嬉しかったです。

教会近くでバルを経営される若いご夫婦やアイスワインも忘れられませんnote

実現できるかどうか解りませんがまた会いたいと思う人と犬がいるのです。

242_2

どうかもう一度、この街を訪れることができますように!!!

2015年7月17日 (金)

一年

6月は旅行、7月前半は仕事で忙しく、お茶のお稽古を休んでいました。

昨日、久しぶりに友人のお茶室に伺がったら、蓮が生けられていましたshine

012
一年振りにお床の蓮を拝見させて頂きました。(蓮はお盆の季節の花)

011
お稽古に遅れたので、水揚げが悪い蓮は葉が萎れかけています。

”あぁ…そう言えば昨年もそうだったなぁ…” と思い出していました。

一年がとても早く感じるようになったのは無事に過ごせたからです。

大きな苦しみや悲しみの最中では、時は遅く過ぎるように感じます。

50代のある時期、時の過ぎ去ることが遅く思えたこともありました。

過ぎてしまえば…今となっては…本当に良い経験をしたと思います。

これからもきっと、たくさんのことがあるかと思います。

でも良き友に恵まれ、乗り越えられる自信もあります。

お茶室に座っている中で実に多くの事を思うものです。

014
茶友の玄関にスモークツリーが印象的に飾られていました。

庭のお花をたくさん頂き、ブルーべリーや野菜も頂きましたnote

お稽古の終りに頂いたアイスにお庭のブルーベリージャムdelicious

013
でも…久しぶりに正座をしたら、足が痺れそうになりましたcoldsweats02

これから暑さに向うけれどまたお茶の稽古に精進しましょう!

2015年7月15日 (水)

7月前半お弁当

7月の2週目から、仕事日はほとんどお弁当を作りました。

急に暑くなり湿気も多いので、お弁当作りは気を遣います。

003_2
蒟蒻&しし唐甘辛煮は好きnote 滅多に買わないたらこは頂きもの。

お弁当にたらこがあると美味しいし、卵焼きは雑ですが美味しいsmile 

005_4
茄子&隠元甘辛煮、ポテサラ、たらこ、蒲鉾のお弁当。とても美味しい!

012
枝豆入りのお稲荷さんと蟹カマ入り卵焼き、蒲鉾も美味しい!smile

001_2

蟹カマ卵焼きがとても美味しい!南瓜の煮物も美味しい!

シュウマイも美味しいけれど551のシュウマイは終了です。

002

かまぼこ、南瓜煮、オクラ、西京漬けのお弁当。西京漬けは頂きもの。

地味ですが本当に美味しいお弁当でした。お弁当って良いねえ!!

仕事日を数えてみたらお弁当が2日間が足りない…外ランチ???

006
お弁当ではありませんが在宅日のランチに551の肉まんを頂きました。

肉まんもこれで終了。冷やし中華も夕食で頂いていて、あと1食で終了。

食べ切ると達成感のようなものがあり、嬉しいnote

でもまたまた頂きものがあって嬉しい悲鳴?coldsweats01

お弁当を作れば在庫消化できてヘルシー!good

たくさん食べてもお弁当なら全く太らない!good

ただ、増えた分は全く減りませんけどね~coldsweats01

2015年7月14日 (火)

ジェノバ観光

011
この噴水を見ると upwardright 直ぐにお解りになる方もいますね。

素通りが多いジェノバですがちょっと観光をしてみました。

001_4
コロンブスの家upwardright から始まる旧市街をぶらぶらお散歩note

002_3
こんな路を見るとちょっとワクワクnote 

003_4
緩やかな坂は大好き!異国情緒たっぷり!…って、当たり前ですね~coldsweats01

004_2
海に向って下る港街…お店も多くて、楽しいnote

005_7
この辺りは絵画館になっている王宮とか、ドゥカーレ宮殿とか見処満載!

最大の目的は downwardright に行きたかったのですnote サンロレンツォ大聖堂shine

006_4

007_3
この大聖堂は美しい白と黒の大理石モザイクのファサードが特徴的shine 

宝物殿には”最後の晩餐”で使ったとされる聖杯が収められていますshine

008_4
内部は豪華絢爛shine shine shine

009_2

010_3
聖杯を見ることはできなかったけれど、長時間を過ごし、満足しましたconfident

                         ♪

ジェノバはレストランのお食事がとても美味しかった!

街の真ん中に、こんなに楽しい市場があったんです!

014_2

013_2
果物も野菜も美味しそう!smile

012
つぶれ桃とチェリー等々を買い込みましたnote

015_4
買わなかったけれど、貝もとっても美味しそう!smile

042_2

044_3
ジェノバは交通の便も良く、美味しくて、住みやすい街のように思いますnote

今まであまり魅力を感じなかったけれど、すっかり大好きになりました!happy01

2015年7月13日 (月)

頂きもので晩ご飯

今はお中元シーズンで頂きものがたくさんあります。

左から水茄子漬け、おしん漬け、おかだの蒲鉾色々。

004

005_3
いつも頂くこちらのupwardright 水茄子漬はとても美味しいです!smile

早速、頂きまっしょい! まん丸で可愛い!heart04

008
009
半分はお行儀悪く、ビールを飲みながらパクパク!coldsweats01

まるで果物のようなんです…改めまして…2缶目!beer

010
”551”のシュウマイや南瓜煮、枝豆等々で美味しかった!delicious

〆のご飯も頂いて…もうお腹が一杯なのだけれどデザートも。

011
先週、大親友から頂いた「桃泉果」、”源吉兆庵”の名菓lovely

244_2

まだ2個、残っていますよんnote

001_3
とてもボリュームがあり、1個で充分…美味しかった!smile

007_4

急に暑くなりましたが、食欲が衰えることはありません。

もりもり食べてこの夏も元気に乗り切ろうと思いますgood

2015年7月12日 (日)

リビエラの野良猫

母の一番下の妹である叔母は一時期、”リビエラちゃん”と呼ばれていました。

イタリアが大好きで学生時代、「イタリア留学がしたい」と騒いだのだそうです。

親族の大反対に合った後は、「結婚してリビエラに住むの」と言い続けました。

結婚後は夫に伴い不本意な国に長く赴任し、寒さのために病気になりました。

その結果、念願かなって?リビエラ海岸の街で療養することになりました。

”リビエラ”がリビエラ海岸のことだとcrea知ったのは漸くその時でした~coldsweats01

街の名前だと思ってました…今となってはたった一人の存命の叔母です。

020
チンクエテッレの村々を走る電車は座席が高くてupwardleft景色がよく見えました。

021
空は青く、海も青い…冬も温かいようで療養には最適の場所だと思いましたconfident
025
026
022_2
もうすっかり夏の雰囲気で海水浴客がたくさん来ていました。

                          ♪

細い路地をぶらぶら歩くのが好きなのよねnote(世界街歩き)

本当に坂の方に路地を入ると誰もいないし、車も通れない。

最高に好みの村なのですが、歳を重ねたら厳しいかな~happy02

023

024_3
この路地の先にはどんな物語があるのかな?

027
028
見上げれば天使?upwardright マリア様もdownwardright

029
030
どの路地にもロマンがあるような気がしましたnote

031
ヴェルナッツアのここの downwardright ジェラードがとっても美味しかった!smile

032
リオ・マジョーレにも行きました。

033

034
愛の小道は工事中で通れませんでした。
037

帰国して叔母に電話しました。「あら!私がいたのはポルトフィーノよ。ずっと良いわよ!」

リビエラちゃんはcreaをとても可愛がってくれましたが、価値観も感性も全く合いませんcoldsweats01

                         ♪

40歳の頃の事、叔母の持ってきた縁談を断った時。

「creaちゃん!野良猫のような人生になるわよ!angry

周囲はびっくり!eye思わず笑い出したのは父とcrea!

あまりに”言い得て妙”だったので2人でゲラゲラ!happy01

その後のやり取りはすっかり忘れましたが、やや疎遠になりました。

全く気にしていなかったのはcrea、叔母は気まずかったのかも??

038
リオマジョーレの駅前にいた野良猫ちゃんに思わずにっこりしちゃったnote

この仔はとても可愛がられて育ったのに、自由が欲しくて家出したのね?

その後、苦労したこともあったけれど自由があまりにも楽しかったのね?

今は近隣の人々に可愛がられて、昔のように幸福に暮らしているのね?

大切にされている家猫ちゃんのようにきれいじゃないけどそれで良いの?

「うふふnote これで良いのnote 気ままに暮らしている今が幸せなのnote

…ってこの仔に代わり書いているけれどきっとこの仔は男の仔なのcoldsweats01

                         ♪

リビエラちゃんに会ったら、この野良猫ちゃんのことを話そう!

「一体、何のこと???」って言われそうなんだけれど~coldsweats01

2015年7月11日 (土)

初・冷やし中華

暫くの間、外食は自粛…体重が元に戻るまでかな?

それに在庫の食材だって消化しなくてはなりません。

冷凍しておいた”551”の冷やし中華downwardright で晩ご飯。

004
暑くなったので、冷やし中華がとても美味しく感じます!good 

乗せる具材に拘りがあり、干し椎茸の甘煮が無くては!smile

003
錦糸卵や胡瓜、トマトも必須!今日は蟹カマですがハムも可good

焼豚も良いし、もやしも良いし、冷やし中華って変幻自在かも?

こんなのもdownwardright届き、しばらくの間、冷やし中華が続きそうかな?

007_2

2015年7月10日 (金)

ドロミテの村々

観光地であるドロミテには近隣の国々から多くの人が訪れます。

点在する村々は其々、とても魅力的で、ホテルも素敵なのです。

6月はまだ8割のホテルが閉り、シーズン中の活気はありません。

スイスやドイツ、オーストリアの趣があるホテルが多かったかな?

106
117
118

7時過ぎですがコルテイナ・ダンペッツォのレストランはあまり賑っていません。

119
120

この村をただ散歩しているだけでもちっとも厭きないし、山々が見えて素敵!
123
122
この橋から日の出の頃、ピンクに染まった山々が見えます! sun

107
すぐ近くにバスステーションがありました。

124
125
村の教会upwardright 7時を過ぎても明るいですが夕べのミサは終わっていて入れませんでした。

126
ホテルのベランダからの朝の景色upwardright まだ山がピンクっぽい!heart04

108
この村のホテルの調度は木で可愛かったheart04

109
110
お風呂にジャグジーが付いていて助かりましたnote

滅多に無いことだけれど、3日目に足が攣ったweep

1時間近くジャグジーに当たり翌日はOKでしたgood

078
別のホテルupwardright まるでハイジのお部屋のようでしたlovely

115
116
イタリアのお食事は何処も美味しかったのですが、ドロミテのミルクは別格!shine

あれほど美味しいミルクは飲んだことがありません。また飲みたいなぁ!!smile

2015年7月 9日 (木)

豚カツ・鰻・お寿司

体重はこのところ2㎏増、イタリアで太ったのではありません。

帰国後、「豚カツ、豚カツ!」と騒いで、”かつや”にGO!dash

豚カツの美味しさに目覚め?会社ランチは”かつやシリーズ”。

おまけに、自宅駅には回るお寿司屋さんが開店していたりしてdownwardleft

001_2
回るお寿司屋さんだけれど、これがとっても美味しくって!delicious

かなり食べてもせいぜい1500円位、ビールを飲んでも2000円以下good

あさりのお味噌汁と炙りトロサーモン、焼穴子や、煮穴子、甘エビ等々。

ファンになり、お昼や夕食に利用!

豚カツ、お寿司と続けば次は鰻!

”川勢”のランチ鰻丼は1000円!

もっと食べたいので夜ご飯にGO!

まずはビールと”一揃い。

これがまたお値打ちなの何のって特筆もの!

002_3

004_4

003_3
銀杏、葱、白焼短冊は追加注文、そして〆は鰻丼。

006_2
ご飯は少なめにして頂きましたが、我ながら食べ過ぎ!happy02

はぁ~美味しかった!delicious …で…通常モードに戻しますcatface

経済も健康も損ねないために、いつもの祖飯を頂こう!good

2015年7月 8日 (水)

シュガートーストで朝ご飯

年に数回のブーム…朝ご飯はシュガートーストlovely

001
ソントンのこれはupwardright 比較的お安いし、メイプル風味が美味しいのnote

002
パンに塗り、トースト強機能で焼けば出来上がり!downwardleft

004
胚芽パンか、大麦パンが合うのよね!delicious

今日も朝からとっても美味しかった!note

003_2
一日を元気一杯で過ごしまっしょい!happy01

2015年7月 7日 (火)

ドロミテの日々・トレッキング

ドロミテは険しい岩壁の山々となだらかな丘の連なりで成り立っていました。

002
今となってはこの地図を見ても、何処をどう歩いたのか正確には解らないcoldsweats01

右はラテマール山、左はラテラッチョ山、あれはマルモラーダとか何とか…coldsweats01

途中からそんなことはどうでも良くて…風景や吹き渡る風や空気や花々…shine

鳥の声、草の匂い、空の色、瞬時に変化する周囲の様々な事にだけ集中!

099
険しい山々を見ながら歩く日々…

092_5

094

095_2
歩いても、歩いても、柔らかな土と草花の丘が続く日々…

097_2
100
101

129

ファルツァレーゴ峠ではこんな方に会ったよnote

105

夜になるとこの小屋にdownwardright 帰ると言ってたよnote (嘘!)

102
お天気が悪い日も…cloud

076

093

089_2


130
135
川は清く…湖は青いshine 点在する湖…カレッツァ湖downwardleft ドッピアーコ湖他。

071
134
136
137
ものすご~く美味しいミルクはこの仔達からの贈物delicious

091
花々も可愛くてきれい!103
096
073
そして”悪魔の爪”downwardright こんなきれいで可愛い花の名前が悪魔の爪?

132
133
ドロミテでは”悪魔の鷹の爪”と言う名の花も咲くそうです。

へぇ~…”ドロミテ”って…やっぱり不穏な響きに聞えます。

127
きっと、あの山のてっぺんには誰も想像できない何かが住んでいるのね?

J・R・トールキン”指輪物語”のガンダルフやサウロンが住んでるのかな?

たぶん1ヶ月をドロミテで過ごしても、全く飽きない素晴らしい場所でしたshine

6月はシーズンオフで人が少なく、少し寒いこともcreaに合っていましたnote

2015年7月 6日 (月)

551で晩ご飯

ハァ~sad 今日は残念でした。

立ち上がりは大切、日本が油断していた訳では無いと思う。

ただ、アメリカの気迫が本当に凄かった!!!もう…凄い!

ハァ~sad 疲れました~despair そんな日はビールを飲もう!beer

                       ♪

会社で頂いたAsahiスーパードライ・ドライプレミアムは美味しい!smile

会社にはお中元が続々届いており、「551」も大量に届きましたnote

餃子は遠慮し、冷やし中華、肉まん、ちまき、シュウマイを頂きました。

008
生ハム、アボカド、玉葱マリネ、トマト等&トマトスープで晩ご飯delicious

009
この海鮮ちまきがとても美味しくて!smile お取り寄せしたくなりましたnote

でも、このところは頂きものが多く、在庫の食品も多過ぎるので我慢happy02

おまけに帰国以来、食べ過ぎ、飲み過ぎ、太り過ぎの3大過多状態bearing

せめて、お取り寄せは、本来の体重に戻ってからにしましょうね!coldsweats01

2015年7月 5日 (日)

ドロミテの日々・岩壁②

サッソ・ポルドイにロープウェイで登った翌々日、トレ・チーメに行きました。

よほど高い所と岩壁が大好きなのです。

怖いけど好き…ってこと、ありますね?

131
遠く真ん中に見える3つのとんがりがTre Ccme di lavaredo(トレ・チーメ)。

140
Auronzo小屋に車で着いた時、まだお天気は大丈夫でしたgood

141_3
デデデデデデーン!!!大岩壁をみるとこう言いたくなるのは何故かしらん?coldsweats01142
アウロンゾ村が遥か眼下に見えました。

143_2
この道で足を滑らせたらあの雲のところまで転がっていくのかな?

144_3

何とかここまではお天気がもったけれど…ん? ん? 急に雲が…

146_3
どこかで雷の音? 雨? 霧も?

147_5
ん? 大丈夫かも? ん?急に前が見えなくなったり ん?晴れたり…

145_3

小さな教会は閉っていて避難できない…アウロンゾ小屋に戻るしかない?

148_2
右からチーマ・ピッコラ、チーマ・グランデ、チーマ・オベスト?反対かな?

それにしても凄い迫力!!!とっても満足!でも、でも、前が見えないwobbly

ほんの5~6分の間に全く周りが見えなくなりました。

わ~ん!!!wobbly だっ、誰もいなくなって心細~いweep

山側の道を慎重に歩き、アウロンゾ小屋着…ほ~confident

満員の小屋で頂いたカプチーノが美味しかった!cafe

大満足の岩壁(見物)でしたが…トレッキングの方がずっと好きnote

2015年7月 4日 (土)

ドロミテの日々・岩壁①

ドロミテの日々は岩山を登るか、トレッキングをするかのコースでした。

両方共にできることがドロミテという場所の素晴らしさかもしれません。

しかしながら…このようなdownwardright 岩山をこの軟弱なcreaが登れると思う?

075

079_2

しかも何だか雲行きが怪しくなってきた…でも

079_3
登りましたとも!!! ロープエウェイでcoldsweats01

SASS PORDOI m.2,950mですよ!登る訳無い!happy02

080_2
デデデデデーン!!!なんて恐ろしいような岩壁なのでしょう!!!

岩壁大好き!heart04 巨大な、恐ろしいような、圧倒的な岩壁が好き!!

082

ただ、ちょっと怖すぎるし…

081_2
ここで足を滑らせたらどうなる?

086_2
お天気は目まぐるしく変わるし…

087_2
登って来る人が見えていたのに…見えなくなっちゃったし…wobbly

と思ったらあんなところに人が!downwardleft eye 驚いた!

088_2
霰は降るし、寒いし、喉は渇くし…でも ”Rifugio Maria”の食事がとても美味しかった!smile

ロープウェイで降りて来て…

090_2
心からホッとしたのでした~♪confident

2015年7月 3日 (金)

アレルギー

友人にお土産を渡すため千疋屋で会いましたnote

008

千疋屋のフルーツパフェはとっても美味しい!delicious

一番後ろのメロンなんか飛びきりの美味しさ!lovely

007

とても美味しくて、楽しい時間を過ごすことができました…が。

夜、咽がイガイガ…息が苦しい…イガイガ…寝られない…sad

やはりメロンが駄目でした…若い時は大丈夫だったのに…despair

若い頃は大好きな鯖を食べている最中にジンマシンが出たwobbly

でも食べ続け、40歳を過ぎる頃から全く大丈夫になりました!

その代り?50歳を過ぎる頃からメロンが駄目になってきたcoldsweats02

大好きな食品に限ってアレルギーが出るって…悲しいな~weep

昨夜は苦しかったので、当分の間はメロンは禁止です!!!

2015年7月 2日 (木)

ドロミテへ?

「ドロミテ」の言葉の響きから不穏な感じを持っていました。

ただ、友人達の感想は、「素晴らしい所!ぜひ行って!」

行きましたとも!そしてホントにホントに素晴らしかった!

ボルツアーノの街から毎日、小さなツアーが出ています。

列車を乗り継ぎボルツァーノ駅到着、3分で観光オフィス。

観光オフィスが面したヴァルター広場は街の中心で素敵!

058
ドロミテに行く前にこの街がとても気に入ってしまい、ゆっくりしましたnotes

大きな広場に面したドゥオモは重厚な趣のゴシック建築で見応えがありました。

街もお洒落で、軒並みショッピングセンターやカフェやレストランで賑っています。

市場もお店が一杯!ここで”つぶれ桃”やサクランボを買い込みホテルで頂いたnote

055
056
043
美味しそう!lovely この街のレストランが大当たりだったのは市場のせい?

街をブラブラ歩いていても飽きないし、観光客が多くて楽しい街でしたnote

ジェラードも美味しく、犬もお洒落、雀も人懐っこくて…全く逃げませんheart04

061
ねぇ♪ ねぇ♪ 君たちは日本人?よければパン屑を少しくれないかな? 

この頃は、東洋人も多くなってねえ♪ 皆、とっても気前が良いのさ!!!

057
オーストリアの有名店ザッハトルテのお店もありましたlovely

ドイツやオーストリア国境が近いせいか、洗練された街shine

1泊しかしませんでしたが、とても楽しい街でしたよんnote

2015年7月 1日 (水)

AKIちゃん♪

もの心ついた頃から一人暮らしになるまで、犬や猫と暮らしてきました。

そのせいか、外国でも顔を見ればその仔の性格も解る気がしています。

パルマの公園で会ったまだ若い犬はやんちゃで好奇心が強い顔 downwardleft

167
車のところで飼主が呼んでいても戻ろうとせず、東洋人に興味深々eye

168_2
ずっとついてくるので日本語で「帰りなさい!」…残念な顔をして帰っていきました(笑)

036_2
リオマッジョーレのこの仔も若いupwardright 鳩に夢中なのですが、イライラしてますhappy02

072_3
カレッツア湖で会ったオットーheart04 ものすごく懐いてくれて可愛いかったnote

077_2
もう壮年期のこの仔は御主人以外に興味無し!忠実な仔でした。

151
ジェノバのバルにいた大きな仔は男性が大嫌い!女性にはとてもフレンドリーheart04

よく懐いてくれていましたが、男性が触ろうとしたら「ワン!」イタリアの犬だ~!

186_2
コモ大聖堂前のトラットリアのご主人の飼犬は若くてとてもきれいshine

188_2
誰にでもよく懐き、穏やかな仔でしたhappy01 

最後の晩餐に描かれている仔だものdownwardright

198_2
左手下にこの仔の遠い祖先が描かれていますupwardleft

そして、アオスタのホテルの犬”ラーゴ”downwardright

204
大きくて、穏やかで、優しくて、最初はあまり懐かなかったけれど…

2日目にはしっぽを振り、3日目には呼ぶと来るようになりました。

最後の日、「もう、さよならだよ♪」と言ったら…遠くを見てた(笑)

243_3
照れ屋さんのこんな男性が好みです(笑)upwardright

最後はシルミオーネのカメラ嫌いAKIちゃんheart04

173
まだ3ヶ月半の柴犬です。カメラが無いと「遊んで♪遊んで~♪」

カメラを向けるとプイ!飼い主さんがどんなに努力しても駄目!happy02

174_2
飼い主さん一家は子供達を含め良い方達でした。

どうか健やかに幸せな一生を送れますように!heart04

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »