« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

夏越の祓

日本を留守にすると日本の良さが一層、際立って見える気がします。

日本人として生まれ、日本で生活できることを大切にしたくなります。

日々を丁寧に生きようとすれば、季節の行事を疎かにはできません。

                        ♪

6月晦日は夏越祓いの日、半年の罪穢れを除き、残り半年を祈願します。

「みなづきのなごしのはらへする人は千年の命のぶといふなり」拾遺集

 

神社で浅茅で作った輪をくぐることが本来なのですが、せめて”氷室の節句”の京菓子を頂きたいのです。

東京で”水無月”を売る和菓子屋さんは少ないように思います。

常はお茶の席で頂きますが、この6月は完全に休んでいます。

困っていたら、クイーンズ伊勢丹で”水無月”が売られてました。

限定品で残り僅か…やったね!good

009
早速、簡単にお抹茶を点てて、美味しく頂きましたsmile

「俵屋吉富」製で白生地と黒糖生地の2種がセットlovely

010_2
やはり白生地が好みですsmile しみじみ美味しくて幸せ~note

一年に一度のお楽しみはこの先も大切にしなくては!happy01

ルルドのマリア様

スキー仲間の友人が大好きだったチェルビニアにも寄りました。

「水は旨いし、料理も美味しい。人々もとても温かいのだよ。」

絵葉書でしか知らない村ですが、懐かしいような気分でした。

210
シーズンオフで村全体は閑散としています。ほとんどのお店も閉っていました。

スキーはできなくても、丘々を巡る短いトレッキングをしましたが、曇ってきたcloud

207
村へ戻ると、川はきれいな雪解け水がごうごう流れて、きっと美味しい水なのねbleah

211
町を歩いているとこんな仔にも会いました。もう10歳以上?

212
とても良い仔でしたheart04この仔のご主人はまだ若い女性で素敵な方でしたlovely

213
偶然、開いていた友人がよく行っていたレストランへも行きました。

チェルビニアのお水は美味しくて、カプチーノも美味しかった!cafe

214
小さくて可愛らしい教会upwardright でも閉っていたのでお向かいの教会へdownwardleft

215
友人を偲び、暫くの間、ここでお祈りしていました。
216
この教会にはルルドのマリア様がおられました。

思いがけずルルドのマリア様にお会いして、ルルドにも行きたくなりました。

ルルドを訪ねたのは20代、盛んにスキー仲間と遊んでいた頃のことです。

時の経つのはあまりにも早い!友人達の中で他界した友人も多いのです。

せめてもう一度、ルルドを訪ねるまでは元気でいたいなと思ったのでしたconfident

2015年6月29日 (月)

回るゴンドラ

モンテ・ビアンコ(モンブラン)に行く気持は当初、全く無かったのです。

ミラノ万博のために作られた新しいゴンドラ駅は、閑散としていました。

218
雨模様で風景も見えそうにありませんでした。

217
その夜、「今度のゴンドラは回るらしい!」と聞きました。

…ヘェ~eye 回るのなら乗ってみたいかも?

そして翌日は快晴sun sun sun

223
やっぱり素敵な山よね!shine

225_2
遠くに見えるとんがったのはのはグランドジュラス山塊(巨人の歯)、歯だなぁ!

21日の開通式前だったせいか、ゴンドラを待つことも無く、スイスイ登りましたnote

氷河を眼下に見ながら、360度を見渡せる真新しいゴンドラはとっても素敵!shine

226
真ん中の左がモンテ・チェルビーノ、右がモンテ・ローザshine

227_2
重機が見えます。スイス側からのロープウェーと繋ぐ工事をしているらしい?

繋がったらとっても素敵だね!(あくまでもそこにいた方々の噂話です)

228_2
晴れたモンテ・ビアンコの展望台で見る風景は確かに絶景!!!shine

遠くで見たダン・デュ・ジュアン(巨人の歯)は直近に見えた!!!eye

4103mの山がそんなに高く見えないのはこちらも高いからなのね?

230_5
眼下に登山者の姿が豆粒のように見えましたeye

エルブロンネル展望台のカフェで頂いたカプチーノは実に美味しかった!cafe

3400m超の高地では甘いものが美味しく感じるのかな?

ところで回ってるってこと…ゆっくりだし、お喋りに夢中で気付かなかった~coldsweats01

2015年6月28日 (日)

記憶の旅

海外へ行くと、いつもどこへ行っても、かなりのんびりとした旅をします。

でも20代半ば、初めて海外旅行をした時はそうではありませんでした。

3週間余の間にイスラエル、ギリシャ、イタリア、フランス、スペイン、ポルトガルの数々の都市を周るツアーでもあり、実に忙しい旅でした。

その後、度々、個人で海外旅行をした時も、まるで記録でも残すようにあちこちを巡る旅をしました。

そんな旅が変化したのは30代の終りに英国へ語学留学したことがきっかけです。

約半年の滞在中、親しくなったドイツ、スウェーデン、旧ユーゴスラビアの友人達と英国各地を巡った旅は実にゆったりしたものでした。

パブが1軒しかないような小さな村で一日を過ごすこともありました。

たくさんの丘を巡り、断崖で海に見惚れ、農場に立ち寄り、パブで会った方の家に招かれ、ハイティー(夕方の軽い軽食)を頂くこともありました。今も心に深く残る良い時間でした。

留学を終えてパリに行き、そのまま1ヶ月も滞在したのはその影響が大きかったのでした。

その1ヶ月は人生で最も豊かな経験であったと思っています。

まだまだ若く美しいと言われる年齢であったことも幸いでした。

今、若くもなく、美しくもありませんが旅のスタイルは同じです。

記録ではなく、記憶に残る旅をしたいと、いつも思っています。

047

114_3
お茶を頂きながらトランプをしたり、語り合ったり…

150
寒い日には暖炉を焚いてもらったり…

059
カフェではお喋りな雀と話したり…

209_2
看番猫に挨拶をしたら、そっぽを向かれたり…

121_2
いつものように空を見上げたり…

魅力的な路地を歩きまわったり…

238_2
アオスタで、後ろから来た同年代のマダムに話しかけられました。

「マダム、この路地は貴女にとってどんな魅力があるのですか?」

”ロマンを感じるのです。この路地にはたくさんの物語がある気がするの。”

「もちろんこの路地には、たくさん、たくさん物語があるのよ。この路地だけじゃないわ。この街の至る所、私の家の前の道にも物語はたくさんあるのよ。」

”本当に!この街は物語に充ちていますね!古代ローマからの物語が…”

「そうよ。人間の作った街は人間のように物語を持つのよ。マダム、貴女と私にたくさんの物語があるようにね!」

そんな会話をマダムの片言の英語とcreaの片言のイタリア語で交わしました。

まぁ大体ではありますが…正確とも言えませんが(大汗)

お互いに大いに盛り上がり、笑い合いながら「チャオ!」

深い声とグレイの瞳を持つ実に魅力的なマダムでした。

そんな出会いを楽しむことも旅の醍醐味かと思います。

旅の記録ではなく、記憶に残ったことを綴っていきます。

2015年6月27日 (土)

ただいま♪

6月をお元気でお過ごしのことと存じます。

楽しかった長旅を終えて、帰ってきました。

留守中、いつも小さな和室に掛け置く軸。

001_2
「無事是貴人」…本来の禅語の意味は違いますが、”おまじない”です。

002_3
お軸に向って挨拶…「ただいま♪ おかげさまで無事に帰ってきました♪」

ベランダのメダカや草花も友人のお世話が行き届いており、元気でした。

クレマチスは最後の一輪が待っていてくれましたnote

005_2
友人がお日様の陰に移動してくれていたのでお花が持ったのでしょう!

003_2
ただいま!可愛いねぇ!lovely よく今まで咲いていてくれてたね!ありがとう!

明日から少しづつ、旅のことなどをアップしていきたいと思いますnote

また、どうぞよろしくお願い致します。

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »