« 朝ご飯ダイジェスト | トップページ | 心、喜ぶ♪ »

2015年5月 7日 (木)

103歳になってわかったこと

本は買わないことにしているのだけれど、書店に寄るのは大好きnote

002_2
4月10日に第1刷で、29日には5刷…出版不況の時代に大ヒット!eye

やはり、発行人はカリスマと呼ばれる方だけのことはありますねえ!good

買った理由は著者が魅力的な芸術家(書家)であることが全てです!shine

決して到達できないと思われる年齢で見られる風景も知りたかった!note

                          ♪

「その歳にならないと解らないことが、たくさんあるわねぇ…」

若い時に聞き流していた母の言葉は如実なものになりました。

人は時に、その見える風景が劇的に変化することがあります。

愛するものを失った時、風景は全ての色を失うことがあります。

劇的でなくても年齢に伴い、少しづつ風景は変化していきます。

そのことは60代になって、明確に解ってきた気がしています。

60代前半と後半では少し違う…先の日にはもっと違ってくる。

006
今年、見たこの風景も来年になれば違って見えるかもしれないconfident

005_2
違って見えない方が良いのかもしれない…でも心が成長すれば違って見えるはず。

もう見られないかもしれない…「老いて、死ぬ」存在でも、老いる前に死ぬこともある。

103歳まで生きれば風景はどのように見えるのかしら?

読んでみて、手元に置おきたい…心に響き共感しました。

(各節の終りのキャプションは個人的には余分に感じました。)

« 朝ご飯ダイジェスト | トップページ | 心、喜ぶ♪ »

つれづれ日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510309/61541791

この記事へのトラックバック一覧です: 103歳になってわかったこと:

« 朝ご飯ダイジェスト | トップページ | 心、喜ぶ♪ »