« 京都ご飯 | トップページ | 交響曲第9番 »

2014年12月28日 (日)

椿

椿に心惹かれるようになったのは50歳を過ぎてからのことです。

それまでは椿の花の美しさが全く解りませんでした。

今では初冬から春まで、欠かせない花になりました。

お店の堂々とした大きな花入れ。

053
054

掛け花入れ。

055
器を兼ねたモダンな花入れ。

056
この花入れはちょっと不思議な形。

                            ♪

先日、茶事のお客様に見事な蠟梅と椿の数々をお持ち頂きましたnote

このお花で佳きお正月を迎えたいと思っています。

濃い緑の艶のある葉と密やかで鮮やかな椿の花shine

椿の似合う住まいでありたいと願っていますconfident

« 京都ご飯 | トップページ | 交響曲第9番 »

つれづれ日記」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510309/60704804

この記事へのトラックバック一覧です: 椿:

« 京都ご飯 | トップページ | 交響曲第9番 »