« 千疋屋のモーニング | トップページ | 季節は胃から? »

2014年8月24日 (日)

夏の着物

8月、着物で外出するだけで消耗するほどの暑さ。

昔の暑さはさほどでは無かったのか?年齢のせいなのか?

お茶事の時は、タクシーを使いますが、普段のお稽古では駅まで歩きます。

(背中と胸に保冷剤をいれて…)

先日の稽古着は能登上布、蝉の羽のように薄く、涼やか着物です。

30年ほど前、母が誂えたものですが、当時はその高価さに呆れたものです。

今になれば、少しも古さを感じさせず、着て涼しいその布の価値が解ります。

010
もう、この帯は派手すぎるthink 若い方に差し上げることにしました。

011

この帯ならまだ大丈夫confident

012

この帯なら死ぬまで大丈夫…帯締めや帯揚げで雰囲気も変ります。

普段着にも高価な着物を誂えていた母の心意気を感じて、涼しげに着たいと思います。

そっ、それにしても…白い芙蓉も萎れる暑さ~coldsweats01

016


« 千疋屋のモーニング | トップページ | 季節は胃から? »

茶道」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510309/60203628

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の着物:

« 千疋屋のモーニング | トップページ | 季節は胃から? »